訪問販売を撃退。悪徳リフォームに騙されない方法

あなたの家には来ますか?訪問販売

  • 屋根の修理
  • 外壁のメンテナンス
  • 太陽光発電の販売
  • シロアリの点検
  • 通信講座の販売
  • 宗教の勧誘
  • 朝刊の販売

訪問販売には色々種類がありますね。
私の家にも良く来ますよ。

正直、迷惑ですよね?
人によってはかなり強引ですしね。
だから、インターホンはモニター付きにしましょう!、以上。

スポンサードリンク

・・というのは冗談。
時代が進んでも訪問販売は減りませんね。
理由は簡単で、買う人がいるからです。

テレビで「オレオレ詐欺」の話良くやってますよね?
客観的に見てると、「騙されるかぁ~?」
と、思いますが実際は騙されます。

それぐらい、人の心理は研究されています。
天才詐欺師が相手だとイチコロでしょう。
本当に気を付けないといけません。

詐欺師に引っかからない唯一の方法

詐欺師に引っかからない方法があります。
その方法は、「完全に無視すること」です。

・・・・
これ本当ですよ。
というより、これしか無いでしょうね。

なぜ、人は騙されるのか?
それは言葉に反応するからです。
天才詐欺師は一言で、人を操ります。

なので、その一言を無視してください。
完全に無視、これは簡単なようでできません。
目は閉じることできるけど、耳を塞ぐのは無理ですからね。

訪問販売は違法?

まず、訪問販売は全て悪なのか?という話をします。
法律上では訪問販売は違法ではありません

細かいルールは色々とありますけどね。
一度拒否して、その後セールスに来たら違法です。
つまり、一度拒否したら大丈夫ということです。

では、法律を無視すると訪問販売はどうですか?
これは訪問販売業者によって違います。
そして、受け取り手の価値観にもよって違いますよね。

残念ながら訪問販売業者にも、悪質な業者はいるでしょう。
では悪質な業者とはなにか?

  • 質の悪い商品を販売している
  • 正当な金額以上を請求している

この2点じゃないでしょうか?
しかし、この2点を明確に判断する基準がありません。
質の悪い商品の定義も人それぞれ。
正当な金額というのも曖昧です。

でもね、私的には結論がでてますよ。
それは「訪問販売は完全に無視する」ということ。
私は、訪問販売は悪だと完全に決めつけました。

理由は簡単で、わざわざ訪問販売で買う理由がないからです。
本当に欲しいものなら、この時代ネットを見たら載ってますよ。
インターネットを見て、吟味して買えばいいじゃないですか?

もちろん、ネットでも詐欺商品はありますよ。
ただ、ネットのほうが絶対に安全です。
それは、最初に説明しましたよね?

人は言葉に反応する
文字にも影響を受けますが、言葉のほうが強い。
そう考えると、訪問販売で詐欺に合う確率は高いです。

自慢じゃないですが、私は詐欺に合う自信があります。
そして、あなたも詐欺に合うでしょう。
その根拠をお話ししますね。

心理学は進んでる、人は誰でも詐欺に合う

騙す側が意図的であれば、詐欺に合う確率は上がります。
それも心理学に精通してる人であれば、尚更です。
例えば、メンタリストのDAIGOさん。

恐らく一度ぐらいテレビで観たことありますよね。
フォークをくにゃくにゃに曲げるパフォーマンス。
彼がは物理や心理学を利用して、驚愕のパフォーマンスをします。

もし、DAIGOさんがメンタリストではなく、詐欺師だとどうですか?
絶対に騙されますよね?メンタリストなのが幸いです。

圧巻なのがDAIGOさんと堀江貴文さんのババ抜き対決です。
あれを見ると、本当にビビりますよ。
完全に堀江さんの心理を見抜いてますから。

DAIGOさんはメンタリスト。
神様ではなく、普通の人間です。
ということは、誰もが覚えれる可能性があります。
あなたの家に来る訪問販売が、天才詐欺師でも不思議ではありません。

騙されない方法とは?

だから、必要なのが騙されない知識です。
DAIGOさん並みだと話になりませんが、普通の営業マンなら大丈夫です。
悪徳リフォームに騙されない方法を1つ紹介します。

恐怖と煽り

営業トールの種類は沢山あります。
その中でも良く使われるのが、「恐怖」です。

代表的な営業トークの例をお話します。
想像しながら読んで下さいね。

いつものお昼前に行く買い物。
細い路地に入った瞬間、急に車が!?

「危ない!」と思った瞬間、なんとかギリギリかわします。
助かったと思ったのが束の間。

車が止まり、出てきたのがコワモテの男2人。
「当たったやんけ!!どうしてくれんねん!!」

挙句の果てに莫大なお金を請求。
「払わんかったら、どうなるかわかっとるやろな。」

リフォームの場合はこうです。
点検と称して、床下に潜り込む営業マン。

写真をバシバシと取り、見せてもらうと
土台が完全に腐り、シロアリが・・・
他人の家の写真と気づかずに、一瞬で青ざめるあなた。

「このままでは柱まで腐り、地震で家がつぶれるかもしれません。
・・・でも、とてもいいタイミング。今はキャンペーン中です。
通常30万円の土台修繕工事が半額の15万円でできます。
ただし、本日までの契約が条件です。」

どうでしたか?

恐怖で思考を停止させ、強引にイエスと言わせるように煽ってきます
恐怖の心理をついた営業トーク、これは無意識のうちに思考を停止させます。
これを知っていれば、少しは予防になると思います。

まとめ

結論を言えば、有効な対策は「相見積もり」をすることです。
相見積もりをすると、詐欺に合うリスクは減ります。

単純に良い業者がいる確率が増えます。
3社相見積もりをとって、全てが悪徳業者なら意味がありませんが。
最低でも1社は良心的な業者がいるでしょう。

そうなると、需要供給のバランスが崩れますからね
基本的にあなたが優位に立てます。
見積もりをとって、公平に比較して1社を選ぶだけ。
相見積もりは詐欺に合うリスクを下げてくれますよ。

【参考】リフォームの失敗例を公開、原因の本質は?

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ