良い職人をお願いします。って何を基準に言ってるの?

「良い職人でお願いします!」

これ本当に良く言われます。当然ですよね。
大金はたいて自宅をリフォームするんですから。

でも、この「良い職人」ってどういう意味でしょう?
恐らく、「腕の良い職人に丁寧に工事をしてほしい」という意味でしょう。

ただ、こういう人に限ってすごく値引きを要求します。
これだと矛盾していますね。
もちろん値引きして欲しい気持ちはわかります。

ただ、結局は値引きをすれば、どこかに「ひずみ」が生まれます。
これが単純な商品の値引きかもしれないですが、
もし、相見積もりをして単純に競争させていたとしたら?

恐らく商品や、自社の利益を削減するだけじゃ済みません。
そこは「職人」にしわ寄せが来るでしょう。
職人の質が下がる、ということです。

では、「良い職人」の定義とはなにか?
普通であれば、単純に「腕が良い」です。

ここでは、リフォームならではの「良い職人」をお話しします。

スポンサードリンク

良い職人の定義とは?

単純に腕が良いだけではない、とはどうゆう意味なのか。
大前提として、リフォームは物作りだけじゃない、ということです。

単純な物作りであれば、「職人の腕」という視点だけで良いかもしれません。
ですが、リフォームは環境によって大きく違います。
果たして「良い物をつくる」、だけに集中できる環境なのか?

リフォームは、家がそれぞれ違います。
工事内容も違えば、お客さんの要望だって違うでしょう。
完成までの締切も違えば、予算も違います。
工事の工程も他の職人とバッテイングしないか、とかね。

こういった質の良い環境をつくるのが担当者、現場管理の仕事です。
だけど、それもあなたの要求次第かもしれません。
残念ながら、あなたが創り出した環境によって現場の質は左右されます。

工事完成までのリミットが決まれば、それを逆算して工程をつくります。
リミットが厳しければ、現場の状況も厳しくなります。
締切があるのが仕事ですが、締切が悪い状況を起こす可能性も否定できません。

横浜のマンションでの不正問題の例もありました。
旭化成の杭打ち基礎工事が、地面に刺さってなかった。
これを擁護するわけじゃなく、完全に業者が悪いのですが。

これは締切などの条件によって、引き起こされた心理状態かもしれません。
つまり、自分の仕事に集中できていなかった、ということです。

【参考】旭化成、横浜のマンション不正!?なぜ、原因は?

現実として、営業マンは契約を取るために必死です。
だから無理な要求を聞いてしまうんです。
営業マンは契約をとるのが仕事なので。
それのしわ寄せは、必ず現場に現れてしまいます。

【参考】営業マンは馬鹿!?大きな会社でも、担当者が駄目なら失敗する

その場合、「職人の腕」以外に必要なものはなにか??

それは「現場適応力」
かなり抽象的な言葉だけど、間違っていないでしょう。
一件、一件、あらゆる条件を対応してくれる職人さん。

それは、現場管理からの視点で言ってるわけじゃありません。
結局、条件に合わせて要望を叶える技術というのは、「腕」だけの問題ではありません。
頭の回転であったり、コミュニケーション能力哲学
そういったものが揃ってなければ、無理なスキルなんです。

よくよく考えてみてください。
「あなたの家で大きな騒音を出して作業する」のです。
そんな人がコミュニケーション力がなかったら嫌ですよね。

リフォームの仕事で必要なのがマナー
マナーが悪ければ、正直腹立ちますよね。
腕が良いかは重要だけど、このおっさん腹立つ!
ってなれば、正直作業が雑に見えてきますよ。

話は戻って、職人に作業だけ集中させるのが、担当者の仕事。
でも、それは本当に条件や予算によります。
予算がない状態で、契約してはいけないんですけどね。

腕が良いは抽象的

そもそも「腕が良い」というのも抽象的です。
かなり漠然とした言葉ですよね。

「腕が良い」「腕が良くみえる」
これは明らかに別物とわかると思います。

ただ、実質、私たちが評価しているのは後者。
「腕が良くみえる」この視点しかもてないんです

というのも、お客さんは建築の素人。
職人の腕が良いかはわからないんです。
まぁ、腕が悪いのはわかると思いますが・・・

例えば、こんなケースがあります。
知り合いのお家に行ったときのことでした。

ご主人が部屋の壁を触りながら、
「でこぼこやろ?ここやった職人、腕が悪いんよ。本当へたくそ。」

確かに、壁はでこぼこで、汚い仕上がりでした。
でも、本当に腕が悪いんでしょうか?

私はプロだから分かります。
その壁はコンクリートで、クロスを張る前の下地が悪い

この下地では恐らくパテをしても同じ。
だから、どの職人さんがやっても同じでしょう。

しかし、ご主人は職人が悪いという認識です。
つまり、ご主人は間違った認識をしているということです。

これはなにを意味するのか??
ご主人にしっかりと説明がされていない、ということです。
恐らく、担当の営業さんがしっかりと説明していないのでしょう

そのため、職人の腕が悪いという結論に至ったわけです。
この認識は、今後のご主人の行動に影響します。

おそらく、次リフォームするときは、良い職人さんがいるリフォーム屋を探すはず。
でも、これは間違っていますよね??
しっかりとした担当がいるリフォーム屋を探すのが正解です。

このように間違った認識は、間違った行動につながります。
そして、最悪なことに間違った行動とは気づきません。

結局、なにが言いたいの?

結局、言いたいことはコレです。
「良い職人」というのは非常に漠然としてて、抽象的。

「良い職人」という定義は、置かれた条件で大きく変わります
あなたが求めた条件にもよるし、担当者の対応でも変わってきます。
お家の状態でも違いがでるし、外的要因が多いんです。

結局は、あなたの価値観がすべて。
あなたが良い職人と思えば、良い職人になります。
悪い職人だと思えば、本当は腕が良くても、悪くなります。

【参考】リフォームの失敗例を公開、原因の本質は?

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ