寒すぎる!お風呂のお湯が冷める解決方法とは?

温かい湯船に浸かって、ゆっくりと身体を休めたい。
夏場はシャワーだけでも、冬は温まりたいですよねー。
それでも、現実はそうはいきません。

  • お風呂に追炊きの機能がない。
  • 家族が多くて自分が入るころには冷めている。

追炊き付きのお風呂がある人には、わからない悩みです。
「なら追炊きにすれば」、という簡単な話じゃありません。

というのは、追い焚きにするには新しくお湯の配管が必要。
マンションなら実現できない可能性もあります。
出来たとしても、結構なお金がかかります。

だから、簡単に出来る方法が必要です。

スポンサードリンク

お湯が冷めないアイテム

保温シート

アルミ保温シート AHS-7012

アルミ保温シート AHS-7012
価格:306円(税込、送料別)

まずは、冷めにくくする方法。
保温シートを使うことで、お湯が冷めにくくなります。
とても原始的な方法ですが、お金も掛からないのでお薦めです。

わかし太郎

次は、冷めた後の対応ですね。
正直、冬の寒い時期は、お湯なんて一瞬で冷めますからね。
家族が多くて、出入りが多ければ終わりです。

この道具だと、冷めた後に温めることが可能です。
言うならば、追い焚き機能と一緒ですよね。
温める方法は違いますが。

魔法ビン浴槽

最後は、リフォームで解決する方法です。
浴槽を魔法びん浴槽に変える、これだけで冷めにくくなります。
なんと6時間経っても、2度しか冷めません。

で、どうせお風呂を交換するなら、追い焚き機能を付けましょう。
給湯器も交換が必要なので、お金はそれなりに掛かりますが。
ボロボロのお風呂、給湯器も15年以上だし・・・
という人は、決断しても良いと思いますよ。

【参考】ユニットバスを交換!費用はどれくらい?

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ