安い、低価格リフォームのデメリットとは?

「安ければ安いほど良い!」
実際は、価格と質は比例しがちですが・・
どうしても安さを求めてしまうのも、しかたないこと。

多分多くの人がそうでしょう、だから低価格リフォームを売りにしてる会社は
伸びに伸びています。需要があるということですね。

とはいえ、低価格リフォームに手を出して失敗してる人もいます。
それはなぜだと思いますか?

スポンサードリンク

どんなサービスにも安い理由がある

結論を言う前に、なぜ低価格なのか?ということを知る必要があります。
リフォームでそもそも一番費用がかかる項目はなんだと思いますか?
商品や材料代?いえ、答えは人件費です。

なので、低価格を実現しようと思えば、人件費を抑えること。
つまり、人件費を抑えれた会社が低価格リフォームを売りにしています。

では人件費を抑えた結果どうるのか?
みな言うまでもないですが、サービスの質が落ちます。

  • 担当営業マンがいなくて、電話対応のみ
  • 社員は経験不足な若手ばかり
  • 腕があまり良くない職人
  • 現場監督がおらずすべて職人まかせ

すべての会社がそうでなくても、こんなのは簡単に想像できます。

「でも実際、低価格リフォームの会社が売上あるでしょ!?」、と。
これは間違いなくて、人件費を抑えてサービスの質が低い会社も間違いなく需要があります。

だって、日本の会社やサービスって、必要以上にサービスの質が高いでしょ?
そんなにサービス必要ないから少しでも安くしてよ!って思いますよね。
ホテルなんかはイメージしやすいですね。
新婚旅行なんかは贅沢なサービスが受けれるホテルが良いですよね?
でも、ちょっとした出張なんかはビジネスホテルで十分なんです。
ましてや終電に乗り遅れた場合は、ネットカフェで問題なし。

ってことは、たいしたリフォームじゃないなら、低価格で良いんです。
網戸張替えなら、安くても良いわけです。
ちょっと網の張りがゆるくても問題なしなら、安けりゃオッケー。

では、全面改装をするなら?
低価格で抑えて、質を落とす??
いやいやいや・・、想像しただけで怖い話です。

あなたがしたいリフォームは、低価格重視ですか?
それとも・・。一回考えてみましょう。

PS.業者の価格もピンキリです。
実際は、自分に合った業者を見つけるのは相当大変です。
【参考】クレーム産業、リフォームの業界事情とは?

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ