知らないと騙される。リフォームチラシの正しい見方

チラシ

あなたのポストには、チラシがどれぐらい届きますか?
その中にリフォームのチラシも結構な数が入っていると思います。
リフォームしたいなぁ、とチラシを見比べます。

「商品代はこっちのほうが安いなぁ。
 でも工事費入ってるのかな?
 こっちは工事費込みって書いてるけど、高い??」

チラシを見比べても、良くわからないと思います。
それは私、プロが見ても同じです。
どこの業者が良いのかわからないし混乱します。

チラシを正しくみるには、「チラシとはなにか?」と理解しなければいけません。

スポンサードリンク

チラシってなに?考えたことありますか?

チラシとはなんでしょう??
意見は人それぞれですが、私の意見はこれです。

「チラシはあなたを釣るエサ」

ビックリしましたか??
もちろん、意見は人それぞれです。
「良い商品をあなたに届けるための手紙」という人もいるでしょう。

私が「チラシはエサ」と考える理由は、騙されないためです
これは会社の立場になればわかることです。
チラシを配る理由は、お客さんを集めるためです。

エサはとても美味しくて手が出ちゃいますよね?
スーパーであれば、均一セール。試食もそうですね。

夕食前に買い物にいくと、お腹が減って自然と手が出ちゃいますよね。
だからお腹が減ってるときの買い物は注意です。
化粧品サンプルやサプリメント無料お試しもありますね。

無料でラッキー!!!
そう思ってしまいますが、それらに手を出すと業者の思い通りですね。

無料サンプルは、業者に住所を教えることになります。
あとからダイレクトメールが山ほど届きます。

欲しいなぁ、と思ってしまうものばかりです。
つまり、「無料はお客さんを釣るエサ」、ということですね。

リフォームでも同じです。
毎日届くチラシの中には、激安商品があります。
無料相談会のイベントがあったりと誘惑がいっぱいです。

良くみるのが在庫処分セールです。
家電や家具が多いですが、実はリフォームでも良くある話。

リフォームの場合は、メーカーの商品切り替えが多いですからね。
展示品を交換するときに、売りだしています。

「定価の80%OFF!!!」、といった感じ。
キッチンやお風呂の場合、大金なので割引率はすごく大切です。
でも、在庫品を買って失敗するケースは多いんです。

それは、あまり良いと思わなかったけど、金額に惚れ込んで買うケース。
まさに、「安物買いの銭失い」です。

金額は大事だけど、あまり欲しくない商品は1円でも払ってはいけない。
もちろん、子供じゃないしわかっているはず。
でも、金額に釣られるのはあなただけではないんです。
私も身をもって経験してきましたよ(笑)

営業マンも後押しをするでしょうしね。
「展示品のみなので、早いもの勝ちですよ!」、と。

それに釣られていくと、営業マンの餌食になります。
甘い誘惑に惑わされず、慎重に行動しましょう。

チラシとどう向き合う?

リフォームのチラシを見てからの行動は、

  1. すぐに業者に電話しない
  2. ホームページをしっかりと見る
  3. 納得したら資料請求をする

そういった流れがベストです。
業者はお客さんを集めるためにチラシに良いことばかり書きます。
だから、私は「チラシはエサ」でしか見えません。

そう考えると、あまりに美味しいエサだと後が怖いですね。
業者は最初に高いエサで損をした分、後で儲けないといけません。
後で色んな商品を営業されるでしょう。

いらないものは断れば良いだけの話、ですが、そう簡単にはいきません。
なぜなら、相手は「商売のプロ」です。

あなたが欲しい!と思うように心をくすぐります。
あれよ、あれよと買ってしまうかもしれません。

【参考】営業マンは馬鹿。大きな会社でも、担当者が駄目なら失敗する

では、どうすれば良いのか?
チラシの情報は間に受けない、ということです。

こういう会社があるんだぁ、という情報だけで良いです。
内容を見ると、絶対に欲しい!と執着してしまうので。
セールスが上手い会社ほど、欲望に火をつけますよ。

とはいえ、本当にお得な情報があるのも事実。
お得なチラシを見逃したら機会損失ですからね。
チラシを見る人は、「誇大広告」だけは気を付けましょう。

誇大広告は、完璧な詐欺です。
商品を実際より良くみせる行為です。
リフォームだと商品を安くみせて、工事費を釣り上げます

値段が安い!でも本当は高いことが良くあります。
そんな悪質な会社は沢山ありますからね。
リフォーム会社は慎重に選びましょう。

【参考】訪問販売を撃退!悪徳リフォームに騙されない方法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ