ガスVS電気!コンロはどっちが良い??

悩む

ガスコンロか、IHコンロにするかは、とても悩むところです。
とはいえ、自分の価値観と性能を照らし合わすと、決めるのは簡単。
まずは安全性・調理性・経済性を比較しましょう。
自分に合ったコンロはどちらでしょうか?

スポンサードリンク

安全性の観点

安全性で気になるのは、火災の危険、身体への危険です。
ガスコンロのように火を使う場合、使用方法を間違えれば簡単に火事を引き起こします。

対策として、日本ガス協会は全てのバーナーにセンサー設置を義務。
そのセンサー付コンロをSIセンサーコンロといいます。

火災の危険

SIセンサーコンロは、こんな機能があります。

  • 調理油加熱防止装置
  • 立ち消え安全装置
  • コンロ消し忘れ消化機能(グリル含む)
  • 早切れ防止機能

このように、今のガスコンロは
使用方法の間違いがあっても火災が起こりにくくなっています。

注意しないといけないのは、十分な換気をすることです。
酸素がないときに燃焼が起こると不完全燃焼し、一酸化炭素を発生します。
一酸化炭素は、無味無臭のため発生に気付きにくいですが、
吸い続けると一酸化炭素中毒になってしまいます。

IHコンロは、磁力に対して金属の鍋が抵抗し熱を持つ仕組みです。
火を使わない、空気を汚さないで料理できる・・
というと、安全性の高い調理機器というイメージがありますよね。

とはいえ、IHコンロでも火事の危険はあります。
調理油は、性質上約370度を超えると火がなくても自然発火します。
ですので、調理の際は油の温度の上がりすぎに注意しなくてはいけません。

電磁波の問題

もう一つ気になるのが、電磁波の問題です。
電磁波には2つ種類があります。

  • 周波数の強い電離放射線
  • 周波数の弱い非電離放射線

電離放射線は身体に強い影響を与え、
がんの発生や遺伝障害を引き起こす可能性もあります。

IHコンロは非電離放射線に分類されます。
現時点では、「身体に与える影響を強く心配する必要はない」と言われています。

しかし、ペースメーカーを使用している方は注意してください。
ペースメーカーへの影響も考えらるので、専門の病院に相談が必要です。

電磁波、化学、物理の研究は全て解明されているわけではありません。
自分自身で正しい知識を学んで、判断していく必要があります。
※嘘の情報は、すごく沢山あるので注意してください!

【参考】会社情報はインターネットで!という間違い

調理性の観点

ガスコンロとIHコンロの違いは、

  • ガスコンロ=火をつかう
  • IHコンロ=熱をつかう

この違いは調理性に向き、不向きが存在します。

鍋底を直火で温めるガスコンロは、炒め物をする際に素早く調理ができます。
でも、鍋を火から浮かしているので、熱エネルギーの無駄が多いです。
IHコンロと違い夏でも熱い中調理をしなくてはいけません。

IHコンロの場合は、鍋自身が熱を持つので無駄が少なく、効率良く熱を与えれます。
お湯を沸かす、煮込むといった、鍋全体の温度を一定に温めることに向いています。

経済性の観点

どっちのほうがお得なのか??
コスト(費用)には2種類あります。

  • イニシャルコスト(初期費用)
  • ランニングコスト(運転費用)

初期費用は、商品代と工事代金があります。
今使用しているコンロの熱源を変えると工事代金は高くなります。

  • ガスから電気にする場合=電気配線をもってくる費用
  • 電気からガスにする場合=ガス配管をもってくる費用

両方とも家の状況により工事代金は大きく違います
ですので、リフォーム専門家の下見が必要です。

運転費用は、経済事情が大きく関係しますよね。
ガスコンロの熱源であるガスは、多くが海外から輸入しています。
オイルショックなどの石油高騰のように価格は安定してません。

電気は日本で作ってますが、原子力発電所の問題は落ち着いていません。
安全かつ安定した発電に試行錯誤している状況です。

どちらにしても、将来的にどうなるかわかりません。
電力自由化も進んでますし、最新の情報には注意しておきましょう!

スポンサードリンク

このページの先頭へ