会社情報はインターネットで、という間違い

あなたはリフォーム会社を選ぶとき、どんなことに注意しますか?
テレビや新聞で、詐欺や事件が溢れてますからね。

おそらく、あなたもトラブルに合わないよう気をつけているでしょう。
リフォームの場合、特に注意するのが「安心できる会社なのか?」という点です。

スポンサードリンク

リフォームだと、売ってる商品はどこも似たり寄ったりですからね。

  • TOTO
  • LIXIL(リクシル)
  • Panasonic(パナソニック)
  • タカラスタンダード
  • NORIZ(ノーリツ)

誰でも聞いたことのあるメーカーです。

でも工事するのは、誰もが知らない業者でしょう。
地域密着で経営してる工務店がほとんどですからね。
CMをバンバンやってる会社は、一握りです。

だから、「会社は信頼できるのか?」
これを知るのが、絶対に必要です。

では、どうやって会社の信頼を確認しますか??
おそらく、皆やることは同じでしょう。

「インターネットで情報を集める」
確かに、これが効率的に情報を集める方法です。
でも、その行為が間違っていることを知ってますか?

インターネットには嘘の情報しか存在しない

「インターネットの9割が嘘の情報です!」
というと、おそらくビックリするでしょう。

でも、これが真実です。
インターネットの情報はほとんどが嘘です。

嘘の情報が萬栄するのには理由があります。
それは、インターネットの記事の多くがビジネスに関係しているからです。

「ステルスマーケティング」。あなたはこの言葉を知ってますか?
省略すると、「ステマ」といって一時期よく耳にしたはずです。
ステマは広告とわからないように、こっそりと宣伝する方法です。

芸能人のブログをイメージしてもらうと分かりやすいですね。
ある芸能人が、「このドリンクを飲むようになって元気になったよ!」
と言うだけですごい宣伝効果があります。

マーケティングを知らない人だと、簡単に「そうなんだー!私も試してみよう!」
と、なるはずです、何も知らずにね。

会社情報は特に嘘ばかり!?

もちろん、芸能情報だけじゃありません。
会社の情報も、本音と嘘が萬栄しています。

その発信源は、ライバル会社です。
ライバル会社は、他社の悪口を言って自社の評判をあげようと考えます。

そう、風評被害ですね。
中には、本当に被害にあった記事もあるでしょう。
ただ、それは被害者側の一方的な意見。
果たして、その情報が本当なのかは誰にもわかりません。

嘘の情報だとしても、その考えが正しいと勘違いするのが人間。
インターネットの情報を鵜呑みにするのは、本当に危険です。

インターネットの文字情報だけで、真実を知る・・・
これは、ほぼ不可能であり間違った方法なんです。

では、どこで正しい情報を知るのか?

本当の正しい情報を知る・・・という方法は実際存在しません。
どんな方法で情報を得ても、それが正しいという保証もありませんしね。

では、どうすれば良いか?
それは、会社が破産しても問題ない状態にしておくことです。
つまり、万が一その会社が破産しても、損しないように保険に入っておくのです。

第三者の保険機関に入ることで、会社が破産しても手付金はかえってきます。
もし、工事が未完成でも変わりの会社が工事をしてくれます。

こういった保険の存在を知らない人がほとんどです。
正直言って、生命保険に入るのに、リフォームの保険に入らないのは理解できません。

リフォーム工事は完全に他社に依存して、工事を完成させます。
自分ではコントロールできないので、絶対に保険は必要ですよね。

そういった保険を用意しているのが、ホームプロです。
業者を紹介するだけじゃなく、第三者機関の保険に入れるのも特徴です。
リフォーム会社がホームプロに加入するには厳しい審査があるので、紹介してくれる業者も信頼性は高いです。

そのうえ保険に入ることで、リフォームのリスクヘッジができます。
正直、全面改装するなら最低限必要な準備でしょう。
もし工事会社が決まってないなら、ホームプロで探すのがお薦めです。

【参考】知りたくない!?ホームプロの評判

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ