リフォーム業者の評判や口コミを調べても意味がない理由

  • リフォーム業者の評判が気になる
  • 安いけど、口コミはどうなんだろうか

これは誰もが持つ、当たり前の感情です。

とはいえ、「〇〇会社 評判」と検索をして、会社の評判や口コミを調べても意味がありません。というか、むしろ調べないほうが良いです。

理由は、それらの口コミは完全情報でないからです。
完全情報は100%正しい情報という意味です。
正しくない情報を知っても、間違った行動につながるだけです。

目的は、自分に合った会社を選ぶことですよね。
であれば、できるだけ合理的に正しい情報を集めましょう。
正しくない情報は、合理的判断をするうえでノイズにしかなりません。

では、なぜ口コミに完全情報がないのでしょうか。

スポンサードリンク

なぜ、口コミに完全情報はないのか?

あなたは、この情報は完全に正しいと言いきれる口コミを見たことがありますか。
口コミの多くは無記名ですが、これが実名だとしても確実な情報ではありません。

なぜなら、正しいと言いきれる証拠がないからです。
口コミは、言い変えると「個人の感想」です。

感想はあくまでも主観的なもの。
主観的なものほど、曖昧な情報はありません。

例えば、飲食店のサイトの口コミを見たことがあると思います。
美味しいというのはあくまでも個人の価値観です。
辛みを美味しいと認識する人もいれば、甘みで美味しさを認識する人もいます。

味だけでなく、サービスも同じですね。
スタッフの対応、態度一つでも感じ方は違います。

なので、全くあなたと同じ価値観の人、でないとその口コミは無意味です。
もちろん、全くあなたと同じ価値観の人、なんて存在しませんよね。
ですが口コミを使って、価値観が近い人を探す方法があります。

口コミの利用の仕方

価値観が近い人、は口コミを利用して探すことができます。
飲食店を探す場合であれば、一度人気店にいってみてください。
お店で食事をした後は、そのお店の口コミを調べます。

探すのは、自分と同じ感想が書かれている口コミです。
同じ感想をもつということは、あなたと価値観が近い可能性が高いです。

あとは、その投稿者が評価してる店にいけば、お店選びの失敗はなくなります。
100%とはいえませんが、かなり高い確率で同じ感想をもつはずです。

では、リフォーム会社もそういった方法をとれるか、といえば難しいです。
リフォームを何回も経験することは現実的に難しいですし、
リフォームを何回もして口コミをしてる投稿者なんてほとんどいません。

リフォームの口コミを投稿してる人は、リフォーム経験が初めてです。
もしくは多くても2、3回ぐらいしかリフォームを経験していません。
そんな客観的な視点がない感想は利用しようがありません。

善意のある投稿、悪意のある投稿

口コミには大きくわけて2種類あります。
それは善意の投稿悪意の投稿です。

  • 善意の投稿 → 真実を書いてる情報(本人にとって真実)
  • 悪意の投稿 → 嘘を書いてる情報(故意的に嘘をついている)

悪意の投稿は言うまでもなく役に立ちません。

嘘の情報は、金銭目的で書いてる記事もあれば、
個人的に会社に恨みがあって書いてる場合もあります。
逆に会社に好意があって、嘘で良いことを書くこともあります。

そして善意の投稿も、価値観が合ってない他人の感想なので役に立ちません。

善意であれ、悪意であれ、その口コミは役に立ちませんし、
そもそも善意か悪意かの判断をすることもできません。

では、どうすれば良い会社を見つけれるのか

大前提として、良い会社かどうか判断するのは、あなたの価値観です。
良い会社と出会うには、あなたの価値観を基準に会社を探す必要があります。

たとえ100人が100人良いと思う会社でも、あなたが悪いと思ったらそれまでです。
なので、他人の口コミは無視して、あなたの価値観で業者を判断してください。

あなたの価値観は、今まで蓄積されてきた経験によるものです。
たとえリフォームが初めてだとしても、今まで沢山の経験をしてきています。

経験には2種類あります。

  • 成功した経験
  • 失敗した経験

利用するのは失敗した経験です。
多くの人は失敗の経験をかてに、成功をつかみます。
同じような失敗を繰り返さなければ、いつか成功しますよね。

「失敗したのではない。ただ一万通りの上手くいかない方法を見つけただけだ」
これは発明家、トーマス・エジソンの言葉です。

あなたの失敗した経験はなんですか?

リフォームは大きくとらえると、「買い物」です。

若いころは、無駄なことに多くのお金を使います。
「なんで、あんなものに大金を使ったのかな?」という経験は誰にでもあります。
そういった経験を積んで、少しづつ買い物が上手になります。

例えば、洋服を買う場合。

  • セール品を焦って買うのはやめよう
  • 赤色は自分には似合わないからやめよう
  • 良く話す店員は、売り込みが激しいから無視しよう
  • 着丈が合わない服を無理して買うのはやめよう
  • ネットでは返品可能なところで買おう

こんな風にあなたの中にも情報が蓄積されてるはずです。
これをリフォームに置き換えてみます。

  • 激安のチラシを見て買うのはやめよう
  • 白色のフローリングは掃除が大変だからやめよう
  • 良く話す担当は、悩みを聞いてくれないからやめよう
  • ただ広いだけの部屋は綺麗だけど落ち着かないだろう
  • クーリングオフでキャンセルが可能か確認しよう

実は多くの人が無意識で、過去の経験を糧にしています。
これを意識的に考えることで、多くの基準ができてきます。
その基準はあなたの実体験なので、他人の口コミなんかより重要な情報です。

まとめ

口コミを調べても意味がない理由をまとめると、

  • 完全に正し口コミは存在しない
  • 口コミは他人の価値観でしかない

ということです。

後悔せずリフォーム業者を選ぶには、あなたの価値観で業者を選ぶことです。
口コミはノイズにしかならないので、あなた自身の価値観と向き合いましょう。

そして業者を選ぶには、多くの選択肢をもつことが大事です。
選択肢を広くもつことで、良い業者をみつける可能性も高くなり、結果としてリフォーム費用を安くすることにも繋がります。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法

コメントを残す

このページの先頭へ