インターホンの交換、取付は自分でもできるのか?

インターホンが壊れた・・
というか半年前ぐらいから音がでなくって放置。
そんな家も多いかと思います。

放置の原因は、面倒だとかお金がかかるとか人それぞれ。
後者の場合、自分で交換できないのかな?とふと考えるもの。

というのも、実際に家電屋で見積りをするとそれなりに費用がかかる。
工事なんて、小一時間で終わるくせに・・。

では、自分で交換が現実的にできるかどうか話していきます。

スポンサードリンク

インターホンの交換はしてよいの?

ヤフー知恵袋あたりで質問すると、必ずでてくる答えがコレ。

「資格者じゃないと違法です!やめましょう!」

「うん、いや知ってるけど。そういうことじゃない。」

ということで、資格なんたらはヌキにして答えます。
結論を言うと、今と同じタイプなら道具さえあればできる。
というのが個人的な意見です。

というのも、基本は取り外して新しいのをつけるだけ。
線を抜いて、差すだけ、だからです。

もちろん、イレギュラーなことはあります。
コーキングでベタベタに塗ってて取れないとか。
ビスの位置が空洞で固定できないとかね。

とはいえ、それを知ったうえで、器用な人ならできるはずです。
インターネットをみれば、やり方なんていくらでもでてくるので。

自分で工事してもメリットは少ない

ということで、自分でもインターホン交換は可能です。
だけど、果たしてそれで費用は抑えれるのでしょうか?
普段から工具を触る人なら別として、初心者なら道具を集めないといけない。

  • ドライバー
  • インパクト
  • コーキングガン
  • コーキング
  • 電線
  • ケーブルストリッパー

状況次第ですが、こういった道具が必要です。
ドライバー一本でできる場合もあるので、本当に状況によりますが。
場合によっては、プロに頼んでおけば良かった・・。

となる人もいるでしょう。
初心者なら大事な休日1日を丸ごと潰す可能性もありますし。
ホームセンターの多くが、商品と工事をセットで依頼できます。
面倒で不器用な人は、素直に依頼するのもありでしょう。

まとめ

リフォーム工事の多くが、情報と道具があれば自分でできます。
というのも、昔と比べて道具の性能が良いし、商品も工事しやすいので。
ですが、プロに依頼する人件費も当然下がってるので、依頼するほうが得策な場合も多いでしょう。

関東近郊ならイエコマは便利なサイトです。
インターホンだけでなく、簡易な工事を依頼できます。
費用も相場に比べて抑えられてるので、知っておいて損はないはずです。

PS. ちなみに今が電源コード式で、同じのに交換するなら資格は必要ありません。
安心して交換しましょう。自己責任ですが。

PSS. マンションとかでセキュリティ付きの場合は、やめときましょう。
マンション全体に迷惑がかかる可能性があります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ