お風呂の水が流れない。二重、ダブルトラップの可能性

とらんぷ?
いえ、トラップです。
排水管にあるトラップは、臭いの戻りをなくすためのもの。

だから、キッチンや洗面台はもちろん、お風呂にもついてます。
昔のタイル風呂にはついてない場合もあるけどね。

その場合は、外の枡にトラップ枡がついてると思う。
で、問題なのはここから。
新しくユニットバスにすると、トラップがついてるので、
二重にトラップがついてしまう。

これをダブルトラップといって、排水の流れが悪くなる場合もあるんです。
この場合、どういった処置をすれば良いのか?

スポンサードリンク

片方のトラップをなくす

結論をいえば、片方のトラップ機能をなくせば良いです。
でも、最近のユニットバスはトラップ標準が多いですね。

この場合は、外の枡の機能をなくしましょう。
通気口付きのトラップ枡なら、通気口のフタに交換すればオッケー。

もし、なければトラップ枡をストレート枡に交換しましょう。
そうすれば、ダブルトラップではなくなります。

まとめ

ダブルトラップって聞きなれないけど、多くの家がそうなってしまってますね。
ダブルトラップ自体は基本的に流れが悪くなるだけで、流れるのなら大きな問題はないです。

実際、すべての家が正しい配管になってるかというとそうではないですからね。
リフォームの場合は、すべてあらゆる法律通りに・・・
というのは無理があります。現実問題。

だけど、ダブルトラップで流れが悪いなら、
片方の機能をなくせば、流れが良くなる可能性は高いです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ