住宅ストック循環支援事業補助金について【平成29年1月18日~】

定期的にリフォーム補助金がでますね、お待ちしておりました。
その名も、住宅ストック循環支援事業補助金
1月18日から申請可能になります。

こういった制度は、本当に市場が活性化します。
だからリフォーム業界にいる人にとっては嬉しいですね。
もちろん、消費者も大喜びでしょう。

とはいえ、補助金がでるのでリフォームしましょー!
じゃただのヤフーニュースですからね(笑)

ここでは、補助金のウラにある危険な話をしますね!

スポンサードリンク

補助金に隠れた危険とは?

結論からいいますね、補助金がでると「本来の目的」を見失うんです。
これは色んな店で買い物すればわかると思います。
特に、家電製品とかね!

ポイントがあるって思うと、必要じゃない無駄な買い物が増えますよね。
このポイントの魔力って本当にすごい。
この前は、壊れてないのにドライヤー買っちゃいましたよ(笑)

リフォームの場合は、さらに高額な買い物です。
実をいうと、リフォームで失敗する人の多くが「本来の目的」を忘れるからです。

  • 居心地の良い家庭をつくりたい
  • 友達と楽しめるゲストハウスにしたい
  • カフェ風にしてリラックスして過ごしたい

こういった目的がいつのまにか金額重視の考えに変わっちゃうんですね。
それがポイントや補助金の魔力です(笑)
今回の補助金は、商品によってポイントが出ない場合もありますからね。

ポイントがでないから、違う商品にしよっかぁー。
って、完全におかしな話でしょ??

補助金はあくまでも安くする手段、目的を叶えるのに絶対必要ではありません。
極端にいうと、リフォームも手段です。
リフォームせずに目的が叶うなら、しないほうが安上がりですからね!

まとめ

今回の補助金で、リフォームしよう!って人も多くいるでしょうね。
そんな気持ちを萎えさせる話をしちゃいました(笑)

だけど、本質を理解したうえでリフォームしましょう。
でないと、本当にリフォーム失敗しますよ。

是非、この記事も読んで見てください。
以外な気づきが得られるかもしれません。

【参考】リフォームは手段、勘違いすると失敗する

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ