外壁塗装の窓口の評判、口コミは?

会社の評判とは?
  • わかりやすいホームページ
  • 外壁塗装の業者を紹介している

ホームページでよく見かける外壁塗装サイトの一つが外壁塗装の窓口です。
では、外壁塗装の窓口の評判はどうでしょうか。

実は塗装会社や紹介サイトの評判をインターネットで調べるのはお薦めしません。というのも、ネットに100%信頼できる情報がないからです。

ましてや、外壁塗装は同じ会社でも実際に工事をする職人、担当者が違います。
なので良い情報であれ、悪い情報であれ鵜呑みにするのは危険です。

【参考】 リフォーム業者の評判や口コミを調べても意味がない理由

スポンサードリンク

外壁塗装の窓口の特徴

では、塗装会社紹介サイトを選ぶにはどうしたらよいか。
結論は、あなたの希望工事を得意とした会社、を紹介できるサイトを使う、ということです。当たり前の話なんですが、間違った情報に流されて良く知らない会社にお願いしてまった、というのはよくある話です。

なので、外壁塗装の窓口の特徴を知ったうえで、依頼すべきか判断しましょう。
外壁塗装の窓口の特徴は、2点あります。

第三社機関

外壁塗装の窓口はどういったサイトなのか、
私は第三者機関、という認識が一番正しいかと思います。

第三者機関の本質は、業者と消費者のトラブルを減らすことです。
質の良い施工店を紹介することで、トラブルが起きる可能性は低くなります。
なぜなら問題が発生する原因の一つが、質の低い施工業者によるものだからです。

外壁塗装の窓口以外にも、塗装業者やリフォーム会社を紹介するサイトは沢山あります。私が調べただけでも80サイト以上はありました。
ですが、本当の意味で運営がされてるサイトは3割程度です。
(サイトがあるだけで、問い合わせしても返答すらない)

外壁塗装の窓口は数多いサイトの中でも、しっかりと運営されている会社です。
特に、加盟店の審査に力をいれていますね。
イエローカード制度があり、クレーム等が多い会社は契約が解除されます。
なので、必然的に質の低い業者は加盟できなくなります。

質の良い業者を絶対に紹介してくれる、とは断言できませんが、
チラシをみて塗装業者を決めるよりかは安心できますよね。

お断り代行制度

外壁塗装の見積もりは、相見積もりが基本です。
比較して検討するのは、変な業者に騙されないための当然のリスクヘッジです。

ですが、相見積もりをするということは、何社かは断りの連絡をするということです。
断りの連絡をするのに後ろめたさを感じる人が意外と多いみたいです。
(親切にしてくれた業者であれば、特に断るのは嫌ですよね)

実は、外壁塗装の窓口を利用すると変わりに断りの連絡をしてくれます。
これは、嬉しいといえば嬉しいサービスですよね。
塗装業者の中には、断ってもしつこく営業してくる人もいます。
知り合いの中に、最終的に断れず契約してしまった、という人もいましたよ。

なので、気兼ねなく見積もりできる、というのも外壁塗装の窓口を使うメリットです。

外壁塗装の窓口がおすすめの人、おすすめしない人

外壁塗装の窓口の特徴をまとめると、

  • 第三者機関
  • お断り代行制度

という感じです。

なので、安心できる塗装会社を紹介して欲しい人はおすすめです。

【公式】匿名で業者を探すなら、外壁塗装の窓口

逆に、塗装以外にも家をリフォームしたい人は、違う紹介サイトを使うのが良いですね。他にも、見積もりしたけど紹介された業者と合わない、という場合も同じです。

リフォームは、業者や担当者との相性が大事です。
担当者と合わない、というのは価値観が合わないのと一緒ですからね。
価値観が合わないリフォームは、工事後に後悔しますよ。

なので、複数相見積もりをして、一番しっくりくる会社に依頼しましょう。
住宅リフォーム推進協議会も推奨するぐらい、リフォームでは相見積もりが常識です。
色んな提案も聞けるし、予算を抑えることにも繋がりますよ。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ