垂れ壁の撤去、リフォーム費用は?【キッチン・和室】

垂れ壁撤去のリフォーム費用は?【キッチン・和室】
  • 垂れ壁があるので部屋が狭く感じる
  • キッチンの垂れ壁が邪魔、撤去してスッキリしたい

垂れ壁がなければ広々とした空間になるのに、という家も多いです。
では、垂れ壁撤去の費用はどれくらいか?

結論をいうと、少なくとも5万~10万円ぐらいはかかります。
もちろん、家の構造や修繕の方法で金額は違いますけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。


スポンサードリンク

垂れ壁撤去のパターン

垂れ壁は、家の間取りによって色んなパターンがあります。
ここでは、垂れ壁撤去のニーズが多い内容、

  • キッチン
  • 和室

この2パターンをイメージを使って説明していきます。

キッチン垂れ壁の場合

Before

まずはキッチン。対面型ですが、垂れ壁があるのでリビングとの一体感が薄いですね。
垂れ壁がなければ、かなりスッキリしそうです。

キッチンに立った視点だとこんな感じです。
孤立したキッチンが良い人なら適度な閉鎖感がありますが・・、
吊り戸をあまり使ってなければ、垂れ壁撤去もありですよね。

After

垂れ壁を撤去したらこんな感じになります。
リビングの一角にキッチンがある、という感じで一体感があります。

キッチンからの視点でも、解放感がありリビングの様子も確認できます。
小さいお子さんがいるなら、安心して料理できるのもメリットですよね。

キッチン垂れ壁撤去、見積もり費用

キッチン垂れ壁撤去、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
養生費 養生テープ、養生シート 5,000円
材木費 野材、石膏ボード等 5,000円
大工工事 垂れ壁解体、下地補修 30,000円
内装工事 天井クロス張り 35,000円
廃材処分費 発生廃材処分、運搬費 10,000円
諸経費 交通費、駐車場代など 5,000円

これを合計すると、9万円です。
天井がフラットになるので、天井クロスの張り替えが必要です。
フラットになるかは、家の構造、垂れ壁の作り方で違うので注意しましょう。

和室垂れ壁の場合

Before

次は和室の垂れ壁撤去のパターン。
襖がなく垂れ壁を撤去したらどうなるか、ですね。

襖を仮に外してみると・・、こんな感じです。
奥にはリビングが見えますね。

リビングから見た和室は、襖で完全に分かれています。

襖がなければ、和室はこんな感じで見えます。
特に個室にする必要がなければ、垂れ壁を撤去するのもアリですよね。

After

垂れ壁を撤去したあとの和室はこちらです。
撤去前と比べると、広々と開放的になったのがわかります。

リビングから見ると、こんな感じになりました。
リビングと和室が一体になり、空間が広く感じられて良いですね。

和室垂れ壁撤去、見積もり費用

和室垂れ壁撤去、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
養生費 養生テープ、養生シート 5,000円
材木費 野材、石膏ボード、化粧単板等 10,000円
大工工事 垂れ壁解体、下地補修 30,000円
廃材処分費 発生廃材処分、運搬費 10,000円
諸経費 交通費、駐車場代など 5,000円

これを合計すると、6万円です。
襖の枠部分をどうやって綺麗に仕上げるか、が重要ですね。
業者によって提案が違うので、注意しましょう。

まとめ

最後にまとめると、

  • 垂れ壁撤去の費用は、5万~10万円ぐらい
  • 工事期間は、1日~2日ぐらいで完成
  • 垂れ壁を撤去したあと「どのように修繕するか」で金額が違う

という感じです。

最後の垂れ壁撤去したあとの修繕方法がポイントですね。
業者によって提案内容も違うので、相見積もりをお薦めします。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




スポンサードリンク

このページの先頭へ