ヒロミリフォーム、古いロッジを北欧風の自給自足ハウスに!

DIY道具

有吉ゼミ、八王子リフォームの新章が始まりました!
テーマは「北欧風の自給自足ハウス作り」。

リフォームするのは、築20年の古いロッジです。
ソフトクリーム店としてオープンし、現在は物置の状態。
キャンプ場を運営し、子供がアウトドアに来るので安全性も重要です。

北欧ではサマーハウスが流行っており、
自給自足なエコハウスに生まれ変わっていきます。

サマーハウスとは・・夏を過ごす別荘や避暑地。場所によっては電気やガスがないエコロジーな別荘もあります。

ヒロミリフォーム、道具&工具まとめ【保存版】

スポンサードリンク

リフォームの内容

室内の壁、外壁を解体

まずは、不要な壁材を解体していきます。
下地の間柱は残し、板材のみバール等で撤去。
薪として再利用することで廃材費用も抑えれます。

子供たちが絶景を楽しめる窓作り

新しく大きな窓を設置していきます。
普通のよくある窓でなく、ピクチャーウインドウと呼ばれる窓。
窓を額縁に見立てて、西湖の夕日を楽しめるように取り付けします。

まず、窓をつける位置にある間柱をレシプロソーで撤去。
柱がないと強度が弱くなるので、太い梁で補強していきます。

窓の土台が完成すると、サッシ枠に合わせて下地を造作。
サッシ枠をビスで固定する前に、雨が浸入しないよう透湿防水シートを張ります。
最後は特注のガラスを慎重に設置し、ゴムパッキンをつければ完成です。
(ガラスのサイズは2.5m幅で、重量は76キロ!)

癒し空間になるウッドデッキ作り

ウッドデッキ,大きい

【参考】ウッドデッキのリフォーム費用は?

次は、外にあるウッドデッキを新しくしていきます。
長年使われたウッドデッキの床材はボロボロ。
板材のみを撤去し、雨で腐った土台は新しく交換します。
(張り替える板材はなんと110枚!)

そして新しい板材の面取りをして、保護のため塗装していきます。
面取りはトリマーを使い、塗装はキシラデコールコテバケで塗ります。
2度塗りすることで、より塗料が木材に浸透するので長持ちします。

あとは板材を2700本のビスで固定して完成。
3日間かけての工事に、ジェシー君もかなり大変そうでした。

まとめ

初回の放送はここまでです。
どんなリフォームになるのか、完成が楽しみですね!

ヒロミリフォーム、道具&工具まとめ【保存版】

このページの先頭へ

3ヵ月でクビ宣告。その後、リフォーム経営者になった物語
プロフィールをみる
3ヵ月でクビ宣告。その後、リフォーム経営者になった物語
プロフィールをみる