ヒロミリフォーム、ハワイの別荘を改装!

DIY道具

ヒロミリフォームの新章が始まります!
次はハワイの別荘をリフォーム、今までのケースとはまた違いますね。
(ん・・??前は軽井沢の別荘をリフォームしたような・・、さすが芸能人)

八王子リフォームが始まって5年。
自宅や軽井沢の別荘もリフォームして、自宅所有全ての物件をリフォームします。

どうやら、ハワイはシロアリが結構でるみたい。
木で作られた家具の多くが、表面を残してシロアリに食べられてる状態ですね。
一見オシャレで問題ない別荘で勿体ないですが、すべて解体していきます。

ヒロミリフォーム、道具&工具まとめ【保存版】

スポンサードリンク

テーマは、ヒロミサーフライダー

ワイキキ最古の高級リゾートホテル、モアナサーフライダーをイメージ。
クラシックかつエレガントなテイストで、白色と濃いブラウンが基調です。

木製の家具や壁をすべて解体する

物件は、125㎡の1LDK
築年数60年以上のダイヤモンドヘッドが一望できる部屋です。

まずは4時間かけて、部屋内の荷物を移動して空っぽに。
そして8時間かけて壁面収納やキッチンの垂れ壁などを解体していきます。

キッチンの垂れ壁は、吊り戸を使わなければ邪魔でしかありません。
滅多にこないハワイの別荘なら、なおさら垂れ壁は要らないですよね。
角に頭を打つ垂れ壁も丸ノコやレシプロソーを使って解体していきます。

キッチン天板の人造大理石も、ダイヤモンドコーティングの刃で解体します。
丸ノコの刃は、木材用や鉄用など用途別に色んな種類があります。

天井に軽量鉄骨を取り付け

解体が終わったら、いよいよ本格的な工事が始まります。
木造でなく鉄筋コンクリート構造なので、内装は軽量鉄骨を使うケースが多いです。
まずは、天井に軽量鉄骨のランナーと言われる部材を取り付けていきます。

天井に振動ドリルで穴を開けていく作業。
その後、コンクリートビスを使ってランナーを取り付けていきます。
上を向いての作業なので、結構な労力です。
ですが、ランナーの取り付けが終わると、あとの作業は早くなります。

コンパクトで解放感のあるキッチンに変更

いよいよ本格的なリフォームを開始。
7帖あるキッチンをあえて、6帖とコンパクトに変更。
狭くなるけど解放感のあるキッチン」に変えていきます。

キッチン本体はすでにオーダーして依頼。
扉はクリーム色のクラシカルなデザインです。

まずは吊り戸を取り付けていきますが、あえて壁の中に埋め込みます。
キッチンが狭くなるので、壁の中のスペースを有効活用していきます。
これは、ニッチ造作と同じ考え方で、普通のリフォームでもよく使われますね。

天板には、水晶の入った天然石を採用。
大きな天然石をキッチンに合わせて、石材加工場で切断します。
ダイヤモンドのついた刃で、摩擦熱の変色を抑えるために水掛けしながらカット。

天板はそのままのサイズだとエレベーターに入らないので、
泣く泣く半分にカットしてキッチンに取り付けしていきます。
天板ジョイント部分は、機械を使って段差がなくなるよう丁寧に接着します。

ちなみに、一般的なリフォームでも天板交換は可能です。
ステンレスから人造大理石に交換したりしますね。
【参考】キッチンの天板を交換、費用はどれくらい?

キッチン家電を購入

ホームセンターで家電製品を購入していきます。
LOWE’S」という1万平米以上の大型ホームセンターですね。

日本とは違い、トイレやシャワールームがそのまま販売されています。
DIYが主流のアメリカならではですね。

  • トイレ 約1万円
  • シャワールーム 約11万円
  • IHコンロ 約12万円
  • オーブン 約25万円

という感じです。

IHコンロやオーブン、冷蔵庫を購入していきます。
IHコンロと昇降機付きの換気扇を組み合わせて、解放的なキッチンにしています。

一般的な家だとコンロ上にレンジフードがあって、圧迫感がありますからね。
ダクトがない家なので、結果として開放的なキッチンになりました。

傾いた床をレベリングで調整

キッチンのキャビネットを取り付けした後に気づいたのが、床の傾き。
床は一見まっすぐに見えて、水平が取れてないケースもあります。
今回は低い所では1.5cmも沈んでる状態。

このままでは床材も綺麗に貼れないので、レベラーを流して水平にします。
レベラーは日本でも良く使われる材料です。
マンションの土間を水平に調整するのに使います。

さらさらのコンクリートなので、自然と床の低い部分に流れ込みます。
2、3時間あれば、コンクリートも固まり歩行可能な状態になります。
(できればキッチン取り付け前に気づきたかった点ですね)

まとめ

という訳で、今回の放送はここまでです。
年内に完成予定ということで次回が楽しみですね!

ヒロミリフォーム、道具&工具まとめ【保存版】

スポンサードリンク

このページの先頭へ