インターネットは「光回線」がお薦め!WI-FIはどうなの?

インターネット

インターネット回線を引こうかな!
そう思っても、実はすごく面倒です。

というのも、インターネットの情報が多すぎて迷います。
フレッツ光が良いのか、ケーブル回線が良いのか・・
WI-FI(わいふぁい)なんてものもある。

最近では、光コラボレーションという新しいモデルもあります。

スポンサードリンク

実際のところ、どれを選べば良いの??

これだけ種類が豊富だと悩むところです。
では、どれを選べば良いかというと・・
人によってお薦めは違います。

これは当たり前ですよね。
それぞれメリット、デメリットがあるので、
どんな生活を過ごしているかで当然お薦めは違います。

ここでは、お店の経営者とか、一人暮らしの人向きではなく、
一般的に家族で生活している人に向けて話しをしていきます。

一般的な家庭だと、おそらく固定電話がありますよね。
FAX番号を持っている人もいます。
そこからインターネット回線を引こう、と思われた方。

結論をいうと、お薦めは「ひかり回線」です。
理由は3つあります。

電話を使うなら「光回線」のほうが安い

昔からの固定電話を使っている人は、
回線がアナログ回線です。

アナログ回線でも、インターネットを使わないなら、
問題はありませんが・・

インターネットを使うなら、光回線でまとめたほうがお得です。
アナログ回線とインターネット(光回線 or WI-FI or ケーブル回線)を使うと、
恐らく毎月7000円以上は掛かってくるでしょう。

でも、光回線で全てまとめると・・・
毎月5000円、6000円で収まります
(オプションやFAX回線を持つと多少変わりますが)

大家族でも制限なしで使える

完全に金額重視なら固定電話を持たず、
WI-FI(わいふぁい)が一番良いでしょう。

でも、WI-FIは一人暮らしの方(固定電話がいらない)や
自宅の回線と別に、外でパソコンを使う人に合っています。

固定電話を持つ、家族でインターネットを使うとなると、
やはり一番は「光回線」です。

光回線のメリットは、使用制限がないことです。
子供を持つ家庭だと、you tubeなどで動画を見るなど、
使用量も増えがちです。(今、若者はyou tubeに夢中です)

WI-FIで有名といえば、WiMAX(わいまっくす)
WiMAXは、3日間で3GBという制限があります。
これは普通に使うなら問題ない容量ですが、
パソコンでドラマや映画を見る、you tubeを見るという人だと厳しいです。

一人なら気にして使えば良いですが、家族だと容量を使ったときにケンカになります。
「あんた、使いすぎよ!!」
「全然使ってないしー!!」
と言い合いになります。これは相当面倒です。

光回線にするデメリットがない

最後の理由は、デメリットがないからです。
(まぁ、デメリットの価値観は人それぞれですが)

というのも、アナログ回線から光回線にした場合、
気になるのが電話番号が変わってしまうことです。

しかし、多くの家庭はNTTの電話回線。
NTTのひかり回線を使えば、電話番号が変わる心配はありません

そう考えると・・・
新しい光コラボレーションはお薦めできません。

光コラボレーションはNTTから光回線を借りて、
代理店がネット事業を運営します。

光コラボにした後、光コラボを辞める場合、
実は電話番号が引き継ぎできないのです。

あと、光コラボの代理店もサービスの質がバラバラです。
3年縛りのある光コラボレーションは、依頼先をミスればおしまいです。

今、NTT回線を使っているなら→NTTフレッツ光・ひかり電話

KDDI回線を使っているなら→auひかり

電話回線がいらないなら→超速モバイルネットWiMAX 2+

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ