ロフトのリフォーム費用は?【意外と簡単につくれます】

ロフトのリフォーム、費用はどれくらい?

こんにちは、永山です。
リフォーム業歴は12年で、これまで800件以上の現場を経験してきました。

これからお話しするのは、

  • 収納が少ないのでロフトが欲しい
  • 寝る場所を確保するのにロフトをつくりたい
  • でも、ロフトって簡単につくれるのかな

といった「ロフトのリフォーム費用」についてです。

まず前提として、工務店よって見積もり金額は違うのだけ覚えておいてください。
商品の仕入れ値や人件費、会社の利益率も変わるので当然といえば当然です。

ですが僕自身リフォーム経営、営業経験の中で商社やメーカー、業界内の知り合いも多いので、ここでの話は実際それほど誤差はないと思います。

結論をいうと、ロフトリフォームは20万~40万円ぐらいかかります。
もちろん、ロフトの大きさや部屋の状況で金額は変わりますけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。

ロフトを作るのに敷居を高く感じてる人も多いです。
極論をいうと、「強度のある大きい棚」と同じようなもの。
必要に応じて柱で支えて、しっかりと下地に固定すれば大丈夫です。

ロフトの構造【強度が重要】

ロフトは、天井の空間を利用した収納のこと。
最初にいったように「強度のある大きい棚」みたいなもの。
高い場所にあるので、ハシゴを掛ければロフトの出来上がり。

収納として使うのか、寝室として使うのか」で必要な強度も違います。
強度は壁の下地に固定するのと合わせて、柱で下から支えます。

工事自体はシンプルですが、強度の確保は必須。
なので、信頼できる業者に依頼しないといけません。

ロフトリフォーム、工事のイメージ

Before

洋室

では、工事のシュミレーション。
天井が斜めになってる洋室にロフトをつくります。

洋室,ロフト工事前

これは戸建てだろうが、天井が高いマンションでも工事は同じ。
フラットな天井でも高さが確保できてれば、ロフトのメリットがありますね。

After

ロフト,はしご,柱,洋室

こちらはロフトをつけた後のイメージ。
ロフトには、あまり使わない季節物を収納するのが良いですね。
奥行きが深ければ、必要な強度も増えるので柱でしっかり固定します。

ロフト,クローゼット,洋室

柱だけが立ってて不細工なら、クローゼットを新設して隠すのもアリ。
それなりに広い洋室なら、収納をつくってもスペースは確保できますしね。

ロフトのリフォーム、見積もり費用

ロフトの見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
商品代 ロフトはしご、開口柵 90,000円
材木費 石膏ボード、野材等 25,000円
大工工事 ロフト造作工事 75,000円
内装工事 壁紙クロス張り、クッションフロア張り 45,000円
廃材処分費 残材処分費 15,000円
諸経費 交通費、駐車場代など 15,000円

これを合計すると、26万5千円です。

ロフトの大きさや下地の方法で、金額は変わってきます。
工事期間は、4日~6日ぐらいで完成です。

永山
永山
安くしたいなら「依頼する業者選び」が一番重要です

まとめ

最後にまとめると、

  • ロフトリフォームの費用は、20万~40万円ぐらい
  • 工事期間は、4日~6日あれば完成
  • ロフトの大きさ、使用方法で、必要な強度が変わる

という感じです。

ロフト自体はそれほど難易度の高い工事ではありません。
が、何度もいいますが重要なのは「強度」。
予算も大事ですが、信頼できる業者に依頼するのが大事ですよ。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ

【期間限定】電子書籍プレゼントキャンペーン!
ご案内はコチラ
【期間限定】電子書籍プレゼントキャンペーン!
ご案内はコチラ