ナカヤマの評判、口コミは?

会社の評判とは?

リフォーム業者は全国で7万社以上あります。
その中から一つの業者を選ぶのは大変です。
理由は、どの業者も同じに見えるからでしょう。

どの業者も安そうに見えるし、工事保証もある。
実績もそれなりありそうだし。
で、結局金額で業者を選ぶはめに・・・

それだと、金額が安い会社が勝ち残りますよね?
でも、実際は違います。

住友不動産の新築そっくりさんであったり、
全国展開しているナカヤマに売上が集中しています。

では、これらの業者が他と違う点はどこなのでしょうか?

【参考】リフォーム業者の評判や口コミを調べても意味がない理由

スポンサードリンク

ナカヤマが他社と違う点は?

業者比較をする場合、一番分かりやすいのが金額です。
とはいえ、ナカヤマが全国で一番安い業者ではありません。

ナカヤマは金額以外の点で、差別化しているから売れるんです。
それが、自社のオリジナル商品です。

リフォーム会社は、数多くありますが、
自社商品を扱う企業はそう多くありません。
多くが、有名なメーカーから商品を仕入れています。

  • TOTO
  • LIXIL
  • Panasonic
  • ・・・etc

自社商品を扱うメリットは、他社と100%同じにならないことです。
例えば、キッチン交換の見積もりをした場合、
A社とB社が全く同じ見積もりをする可能性は十分あります。

でも、オリジナル商品がある場合、
全く同じになることは100%あり得ません。

つまり、お客さんがその自社商品が欲しいと思ったら、
ナカヤマに依頼するしかないのです。

逆にいうと、ナカヤマの自社商品を一度見れば、
依頼するかどうか判断できるということです。

もし、欲しいと思えば依頼すれば良い。
TOTOやPanasonicが欲しいと思ったら、相見積もりをして比較すれば良いんです。

その場合、最初に言ったように金額で比較するのが簡単です。
でも、私はその方法はお薦めしません。

リフォームは当然ながら、金額は二の次です。
大事なのは、あなたの目的が叶うかどうかです。
金額が安くても、あなたの目的に合った提案をしてくれるかわかりません。

実際に、担当者の提案を聞いた上で、内容重視で決めるべきです。
その時でも、ナカヤマの場合には強みがあります。
それが、自社のコンピューターセンターです。

提案は言葉で言うよりも、絵でイメージできるほうが分かりやすい。
ナカヤマは自社でイメージ図をつくり、提案してくれます。
今の時代、大手企業ならイメージ図をつくるのは当たり前ですが、
地元工務店だとまだまだイメージ図をつくるところは少ないです。

工事完成後に、イメージと違う・・・
というトラブルを避けるためにも、必ずイメージ図を確認しましょう。

評判を気にしても仕方がない

リフォーム業者を選ぶときに、気になるのが実際の評判です。
悪い評判があれば、お願いしにくいですからね。
でも現実問題、あまり評判を気にし過ぎても仕方ありません。

なぜなら、良い評判も悪い評判も必ずあるからです。
これは、リフォーム業界では特に顕著です。
工事は人の手作業でしますからね、100%失敗しないなんてあり得ません。

ナカヤマのように、施工件数が多ければ、
必ず1度や2度失敗はあるでしょう。
これは、どの大手企業でも同じです。

施工実績が多ければ、多いほどババを引く可能性はあるんです。
もちろん、それ以上に良い工事もあると思います。
(行列ができる宝くじ売り場で、1等が出やすいのも同じ理屈です。(笑))

でも、実際に耳に入り記憶に残るのは悪い評判です。
人間は悪い噂のほうが大好きですからね(笑)
だから、数少ない悪い評判でも、必要以上に気にしてしまうんです。

そもそも本当の情報と嘘の情報を判断する手段もありません。
ならば、最初から気にしないことです。

実際に見積もりをして、担当者の対応で決めるほうが良いと思いますよ。
自分の目で判断するのが、一番後悔がありません。

PS.追記 2017年11月8日にヤマダ電機がナカヤマの完全子会社化検討を発表。なのでヤマダ電機、ナカヤマ合わせて約600億円の売上規模を持つ会社になります。

【参考】リフォーム業者の評判や口コミを調べても意味がない理由
【参考】クレーム産業!?リフォームの業界事情とは?
【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ