ナサホームの評判、口コミは?

会社の評判とは?
  • 歴史も長いリフォーム専門の会社
  • 最近、看板やお店をよく見るようになった

関西で大きなリフォーム会社の一つがナサホームです。
では、ナサホームの評判はどうでしょうか。

実はリフォーム会社の評判をインターネットで調べるのはお薦めしません。
というのも、ネットに100%信頼できる情報がないからです。

ましてや、リフォームは同じ会社でも実際に工事をする職人、担当者が違います。
なので良い情報であれ、悪い情報であれ鵜呑みにするのは危険です。

口コミを調べるよりか、会社の特徴を分析するほうが生産的ですよ。
もっというと、担当者との相性が合うかが一番重要です。

【参考】 リフォーム業者の評判や口コミを調べても意味がない理由

スポンサードリンク

ナサホームの特徴とは

では、リフォーム会社を選ぶにはどうしたらよいか。
結論は、あなたの希望工事を得意とした会社に依頼する、ということです。
当たり前の話なんですが、広告に釣られて良く知らない会社に依頼してしまった、というのは意外とよく聞く話です。

なので、ナサホームの特徴を知ったうえで、依頼すべきか判断しましょう。
ナサホームの特徴は、3点あります。

間取り変更、大型リフォームに強い

リフォームと一言でいっても、種類はさまざまです。
水道の蛇口を交換、壁を取り払ってリビングを広げるのもリフォームです。

ナサホームは、その中でも、規模の大きいリフォームを得意としています。
専任のデザイナーもいて、デザイン力、設計力に優れています。
その証拠として、ジェルコ等のリフォームコンテストでも受賞していますね。

それが一度や二度なら、信頼性に欠けます。
ナサホームは会社の歴史も長く、継続して受賞しています。
もし、あなたが間取りを変えて、デザインが良い家に住みたいのならお薦めですね。

【参考】比較すべきは、デザインでなく設計力

関西中心の店舗展開

ナサホームは、1店舗だけではありません。
2019年8月時点で、

  • 梅田リフォームスタジオ
  • 茨木リフォームスタジオ
  • 千里中央リフォームスタジオ
  • 高槻リフォームスタジオ
  • 泉ヶ丘リフォームスタジオ
  • 逆瀬川リフォームスタジオ
  • 神戸北町リフォームスタジオ
  • HDC神戸リフォームスタジオ
  • 西大寺リフォームスタジオ
  • 八事山手通リフォームスタジオ
  • 大名古屋ビルヂングリフォームスタジオ

水まわり専門店みずらぼと合わせると、かなりの店舗数です。
店舗数が多いことで、スケールメリットがあります。

「商品仕入れが安くなる、職人の数も安定する、担当者の経験値も豊富」
といった感じですね。

さらにお店が近いので、工事中にトラブルがあっても直ぐに来てくれますよね。
リフォームでは地域密着の会社が一番安心です。

【参考】店舗拡大のスケールメリット、隠れた欠点

アフターフォローに力をいれている

リフォームで見逃しがちなのが、工事完了後です。
リフォーム自体が一番大事なのは言うまでもありませんが、家は少しづつ劣化します。
なので、工事後のメンテナンスは欠かせません。

ナサホームはアフターフォローにも力を入れています。
工事後のお客さんに Nasa Club というサービスを実地しています。

  • 緊急駆け付けサービス
  • お手伝いサービス
  • リビングサポートサービス
  • ライフサポートサービス
  • メール配信サービス

具体的には水廻りの漏水や排水のトラブル、照明の交換や荷物移動などのサービスが受けられます。(他にもサービスはあります。※一部有償)
困ったときに安心してお願いできる会社があるのは本当に気持ちが楽です。

こういった取り組みのお陰か、先進的なリフォーム事業者表彰をもらう評価を受けていますね。

ナサホームがおすすめの人、おすすめしない人

ナサホームの特徴をまとめると、

  • 間取り変更、大型リフォームに強い
  • 関西中心の店舗展開
  • アフターフォローにも力をいれている

という感じです。

なので、「お店にも近くて、大規模工事をする人」はお薦めです。
会社規模も大きく、工事実績も豊富なのが安心材料です。

逆に専門性の高い工事を依頼するなら、複数の見積もりをするのが良いですね。
外壁であれば、外壁専門。外構であれば、外構専門というイメージですね。
色んな会社に見積もりをすることで、色んな提案を聞けるのもメリットです。

他にも、「見積もりをしたけど担当者と合わない」という場合も同じです。
担当者と価値観の不一致があると、リフォームは打ち合わせから結構大変です。

なので、複数相見積もりをして、一番しっくりくる会社に依頼しましょう。
住宅リフォーム推進協議会も推奨するぐらい、リフォームでは相見積もりが常識です。
色んな提案も聞けるし、予算を抑えることにも繋がりますよ。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法

スポンサードリンク

このページの先頭へ