オフィス現状回復の相場、安くする方法は?

オフィスの現状回復は、なによりも金額。
これは正直な気持ちだと思います。
とはいえ、ただ業者に依頼しても、思った見積もりにならない。
なんてことはよくある話です。

なぜなら業者は利益が目的ですので、
安く魅せながら、多く利益を残す必要があります。

ただ単純にそこから安くするのなら、
数社見積もりをして、駆け引きをすれば安くなります。
しかし、それだと見積もり先の金額に依存することになります。
相見積もり先が全部相場以上、なんてこともあり得るわけなので。

ではどうすれば良いか、それは金額の根拠を理解することです。
金額の根拠がわかれば、金額交渉の材料になります。
しかし、その前に把握すべきことがあります。それは・・

スポンサードリンク

現状復旧に必要な最低限の内容を把握する

相見積もりをする前に、必要なことは必要最低限の復旧内容を把握することです。
現状復旧と一言でいっても、完全復旧である必要はありません。

例えば、壁紙を直すのも全面張替える必要があるか、
といわれたら、そうである必要もないかもしれません。

これは契約内容はしっかり把握することで、
無駄な現状復旧の費用を抑えることに繋がります。
当然ですが、工事する内容が減れば減るほど、費用は下がります。

契約内容をまっとうするのが基本ですが、
再度オーナーと交渉して工事内容を抑えることも可能です。
結果的にお互いがWIN-WINで済む方法が見つかるかもしれません。

工事内容を分解する

必要な工事を把握したら、その内容を分解してみましょう。
現状回復、といっても内容によって見積もり項目は違います。
多くの場合は、

  • 解体
  • 下地処理
  • 内装
  • 廃材

という項目になるでしょう。

解体工事

解体工事は、何人工かかるのか?
を見る目が必要です。
何人工かかるのかがわかれば、必要以上に高くなることはあり得ないですし、
必要以上に金額交渉しても無意味なのがわかります。

下地処理

下地処理は、内装工事をするのに必要な処理を施します。
造作工事などで大きく間取りを変えていた場合、
内装工事をする前に必要な処理も増えていきます。

内装工事

内装工事は大きく分けると、

  • クロス
  • ソフト巾木
  • タイルカーペット
  • Pタイル
  • 天井塗装

これらの項目が必要になります。
オフィスのサイズが大きければ、平米単価。
小さければ、一式単価になることが多いです。

一式単価であれば、最低限かかる人工がわかれば、
適正な見積もりかが判断できるでしょう。

平米単価であれば、相見積もり先の見積もり書を比較して、
適正単価を把握します。

できるだけ事前に見積もりをする

リフォームの見積もり項目は、平米単価などで相場を把握できます。
しかし、実際は「いつでも同じ金額」はあり得ません。

需要が多く、供給が少なければ単価は上がります。
逆に需要が少なく、供給が多ければ単価は下がります。

なので、できるだけ供給過多のタイミングでリフォームをすべきです。
もちろん、オフィスの退去にそんな時間的余裕はないでしょう。
退去するときは突然で、退去が決まれば早期に退去したいのが当然です。

とはいえ、それだと業者から足元を見られても仕方ありません。
少しでも安く退去費用を抑えたいなら、計画的に退去するしかないでしょう。
そのためには、できるだけ事前に相見積もりをとり、
金額交渉できる余裕を持つことが工事費用を抑えることに繋がります。

まとめ

オフィスの現状回復を安く抑える方法は、

  • 必要最低限の工事内容を把握する
  • 工事内容を分析して交渉する
  • 供給過多のタイミングで工事をする

この3つを抑えるだけで、費用は確実に抑えれます。
多くの人は、何も考えずに見積もりを依頼しますが、
少し頭を使うだけで費用の削減は可能です。
時間に余裕があれば、工夫して見積もりを依頼してみましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ