リフォーム戦国時代に巻き込まれるな

大手企業が続々とリフォーム業界に参入しています。
理由は、リフォームする人が増え続けているからですね。

世間は景気が悪いのに、良いですね!
って良く言われます。だけど・・・

「いやー、リフォーム儲かって仕方ない!」
とは決して言えない状況ですねー。

リフォーム市場は伸びているけど、
それ以上に参入する会社が増え続けています。
まさに、リフォーム戦国時代。

「ふぅ~ん、だから??」
と思われるかもしれませんが、あなたにも影響大ありです。
理由は・・・

スポンサードリンク

営業マンの本性が牙を向く!?

リフォーム戦国時代・・・
怖いのは無茶な営業が始まる、ということです。

当然、会社が存続するにはお客さんが必要です。
つまり、あなた(お客さん)の取り合い競争が過熱するということです。

本来であれば、多少競争があるほうが、
お客さんにとっては有利に話を進めれます。

だけど、あまりに競争が激化すると、
業者もあなたも大切な本質を忘れてしまいます。

それが、「手段の目的化」です。

あなたにとってリフォームの目的は何ですか?

  • キッチンを新しくして、親子楽しく料理をしたい!
  • お風呂を新しくして、仕事疲れを癒したい!
  • 部屋の雰囲気を変えて、今までの生活を一新したい!

本来の目的って、こんな感じですよね?
それが相見積もりをすることで、
金額の話で持ち切りになります。

これは100%そうなりますね、だって分かりやすいでしょ?
「あなたに合った快適なキッチンを提案します!」
というより、「キッチンを70%OFFします!」
っていうほうが、あなたの心にグサッと刺さるはずです。

当然、業者も本質を忘れてますよ。
業者にとっても、お客さんに快適な生活を送ってもらうことが望み。
それなのに、売上アップのためだと、手段はいとわなくなります。
担当者の意思関係なしに、上司からの圧迫もあるでしょうからね。

本来楽しいはずのリフォーム計画が、楽しくないことになります。
実は結構多いんです。
最初は楽しく雑誌を見て、ワクワクしてたのに・・・
リフォームの準備を始めたら、どっと疲れて辞める人って。

これは間違いなく、業者の責任ですよね。
勝手な業者の争いに、いつの間にか巻き込まれています。

もし、あなたがリフォームをするなら、この戦国時代に左右されてはいけません。

では、どうすれば他人の意見に左右されないか?

他人に左右されない・・これは簡単なようで難しいですよね。
学生時代を振り返れば分かりますよね?
友達や先生の話に影響されて、人知れず悩む。
これは誰もがする経験です。

それぐらい人の言葉って影響を受けるんです。
大事なのは、冷静になる時間をつくること

  • すぐに契約をしない
  • 親しい人に相談する
  • 自分の目的を常に確認する
  • 担当者の言葉を一度疑う
  • 相見積もりは自分のペースでする

これらを守ることで、他人に振り回されないようになります。
人を信用するな!とは言いませんが、売上を意識しすぎる営業マンがいるのは事実。
相見積もりをすれば、するほど変な営業マンと出くわしますからね。

だからといって、相見積もりをしない、というのは問題外。
数社見積もりして、比較検討するのは避けてはいけません。

大事なのは、自分の目的に合った業者を探すこと
それなのに、多くの人が自分の目的を見失ってしまうんです。

【参考】リフォームは手段、勘違いすると失敗する

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ