永山
永山
こんにちは、永山です!

僕はこれまでリフォーム業歴12年で、800件以上の現場を経験してきました。特に間取り変更があるような全面リフォームを得意としています。なので業者側の視点もいれつつ、リノデュースの率直な意見をお話ししていきます。

まず、この記事を読んでるということは、

リノデュースの評判って実際どうなの?安心して依頼できるの?」

という疑問があると思います。他のリフォーム会社をネット検索(2ちゃんねるなど)すると苦情やトラブル、中には裁判沙汰の口コミもありますしね。

まず大前提として会社を良い悪いの二択では評価できないという事実があります。どれだけ有名な会社でも「Aさんは絶賛してるけど、Bさんには微妙・・」というのはよくある話ですよね。

例えば、食べログで4点と評判の良いイタリアンのお店に行っても「パスタがあまり美味しくなかった」と感じることがあるように、リフォームも「会社とお客さん、担当者が誰で、職人は誰がくるか、工事内容、家の状況はどうなのか」という関係性によって評価が変わる訳ですね。

ですが現実問題として、リフォームは同じ条件で工事することは2度とないので、あらゆる会社の評判や口コミは参考材料の一要素でしか使えません。

なので、この記事にリノデュースの口コミを掲載してますが、リフォーム会社を選ぶときは他人の口コミを鵜呑みにせず「自分自身の基準(価値観)」で良い悪いを判断してください。

具体的には、

  1. 業者を選ぶ基準を明確にする
  2. 複数の業者に相談する
  3. 消去法で自分に合った会社を選ぶ

といった感じですね。(あとで詳しく解説します)

では早速、「リノデュースに見積もり相談すべきか」という疑問について。僕個人の意見は、関東に住んでて、中~大規模リフォームを検討しているなら、

永山
永山
見積もり依頼すべき有力候補

といえます。

その理由も含めて、まずはリノデュースの特徴から順番にお話しします。




リノデュースの特徴|会社概要

会社名 株式会社 テシオ
設立 平成13年1月18日
所在地 【青山ショールーム&オフィス】東京都渋谷区渋谷2-2-6 青山ホワイトアドビービル2F
【青山第2オフィス】東京都渋谷区渋谷2-8-7 青山宮野ビル 4F
【本社】埼玉県草加市北谷3-38-10 TESIO BLD
対応エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉
電話番号 0120-808-177
ホームページ https://www.renoduce.com/

リノデュースを運営するテシオは元々、施工会社として実績を積んできた会社です。現在は不動産仲介からのフルリノベーションを提供しており、物件探しからデザイン、リフォーム工事まで「ワンストップで依頼できる」のが特徴です。

リノデュースのメリット|お薦めする人

リノデュースのメリット

リノデュースは、不動産仲介の「仲介手数料を無料」にすることで低コスト化を実現。そして金額だけでなく施工事例が豊富で、デザイン性が高いのが大きな強みです。

  • 中古物件購入からリノベーションまでワンストップ対応
  • 資金計画も相談でき、予算に合わせて提案してもらえる
  • 定期的な無料セミナーで気軽に相談できる

とリノデュースに依頼するメリットは大きいです。中古マンションだけでなく、、戸建て物件のリノベーションも相談可能。大規模改装であれば相見積もりは欠かせませんが、リノデュースは見積もり相談すべき会社の一つといえます。

リノデュースのデメリット

リノデュースのデメリット

リノデュースは親身になって物件探しから相談できるのが特徴。ですが「担当者によってバラつきがある」のがデメリットです。実際口コミには、

ここで施工して良かった、施工後も気にかけてくれたという意見もあったが、担当者によって対応も満足度も大きく変わると思う。最初の営業担当はパッケージ内容の資料を見せてくれたが、最終的に設計から出てきた見積もりは予算オーバー。物件によっては追加費用が発生するとは言え、打合せと内容が異なっていたり、不信感が募る内容だった。施工ミスがあったり完成時も打合せと異なった点が複数あり、図面や見積もり、打合せは何のためにあったのか疑問が残った。他の業者も似たり寄ったりかもしれないが、残念な気持ちになった。引用:マンションコミュニティ

「不信感が募る内容だった」という意見もありました。この方もおっしゃってますが、リノベーションの満足度は「担当者の質に左右される」のが現実。

だからこそ相見積もりする際は金額だけでなく、担当者の質も比較するのが重要です。

リノデュースでの補助金

リノデュースでの補助金

2024年のリフォーム補助金

知っておきたい、リフォーム補助金は大きく分けてこの3つです。

  • 住宅省エネ2024キャンペーン
  • 介護保険リフォーム
  • 長期優良住宅化リフォーム推進事業

住宅省エネキャンペーンは「予算上限が決まってる」ので注意してください。では順番に解説します。

内容は簡潔に書いてます。重要なのは具体的に知ることではなく、全体の概要を理解すること。補助金の存在だけ知っていれば、あとは依頼する業者に任せるほうがスムーズに申請できます。

住宅省エネ2024キャンペーン

住宅省エネ2024キャンペーンは具体的に4つの制度に分かれています。

子育て支援事業 既存住宅の省エネ改修 上限30万/戸
窓リノベ事業 高断熱性能の窓を設置 上限200万/戸
給湯器エネ事業 高効率給湯器の導入 8万~18万/台
賃貸給湯器エネ事業 高効率給湯器の導入 5万~7万/台

名前の通り「省エネリフォーム」をすると補助金の対象になります。具体的には、

  • 断熱リフォーム(断熱窓、断熱材など)
  • 省エネ給湯器交換(エコジョーズ、エコキュート、エネファームなど)

などを工事すれば良いです。「給湯器や窓交換だけでも申請できる」ので、使いやすい補助金ですね。そして窓リノベ事業は最大200万まで補助されるので、全面リノベーションする人はさらにお得に工事できます。

住宅省エネ補助金の申請は「施工業者が行う」ので、依頼する業者さんと相談しながらリフォーム内容を決めるのがお薦めです。

介護保険リフォーム

介護保険リフォームは「高齢者・障がいのある方」を対象にした補助金です。自己負担が少ないお得な補助金ですが、知らない方もいるので紹介しておきますね。

  • 上限額:住宅改修費限度額20万円から、自己負担1~3割を除いた金額(最大18万円)
  • 受給対象者:「要介護」もしくは「要支援」認定を受けてること
  • 補助金給付方法:基本は工事完了後に保険金が給付される

事前の申請は基本的に「ケアマネージャーによるケアプラン作成」が必要です。申請が許可されないと工事着工できないので注意。保険工事の内容は「手すり設置・段差解消・扉交換・トイレ交換(和式から様式)・その他不随する工事」が対象ですが、詳しくは市町村の介護保険制度を確認してくださいね。

長期優良住宅化リフォーム推進事業

この補助金は国、国土交通省が実施してる補助金です。

リフォーム内容によって「最大100万か最大200万」の補助金を受けられるので、フルリフォームを検討してるなら使わない手はないです。具体的には以下のとおり。

  • 長期優良住宅認定の基準を満たすと、最大200万円
  • 一定の性能確保を満たすと、最大100万円

ただし注意点として「事前に事業者から申請」する必要があります。(補助金の申請実績が多い住友不動産なら安心ですが、変な会社に依頼すると申請漏れなどのリスクもあります)

補助金を受ける条件には、

  1. インスペクション(現況調査)の実施
  2. リフォーム後に一定性能基準を満たすこと
  3. リフォーム履歴と維持保全計画の作成

と3つありますが、基本的には信頼できる業者に依頼しておけば問題ありません。

ちなみに長期優良住宅に認定され一定の条件を満たすと、固定資産税の軽減措置が受けられる場合もあります。

ここで紹介した3つの補助金以外にも市町村独自で給付してもらえる補助金もあるので、必ず依頼する業者に確認しておきましょう。




リノデュースの良かった口コミ

リノデュースの良かった口コミ

利用者の口コミほど頼りになる情報はない」という意見もあるので、ネットにある口コミを掲載しておきます。

家のリノベーションをしたく、ネットで探していたところこちらのリノデュースさんを見つけました。資料が簡単にダウンロードでき、リノベ事例も好みのものが多く、相談も無料で定額パッケージというのにも惹かれ、相談させていただきました。リノベーションについて細かいことはなにも知らずでしたが、担当者の方が丁寧にご説明くださり、理解も深めながら自分の好みに合わせて細かく決めていくことができました。仕上がりも文句なしです。お願いして本当に良かったです!ありがとうございました!引用:Google口コミ

予算内で希望する立地、間取りのリノベーション住宅を手に入れられて、とても満足しています。物件については、仲介手数料が不要だったため、他社で取り引きするよりもだいぶ良心的な価格で購入できました。プランニングにおいては、ショールームで開催されるリノベーション関連のイベントにも参加させてもらい、色んな知識を吸収しながら、快適に内装の設計を進められて良かったと思います。また、10年間の長期に渡るアフターサービス保証が受けられるところも、嬉しいと感じています。安心して心地よく新しい住まいでの暮らしを満喫する毎日です。引用:みん評

実際に依頼させてもらった者です。結論的にはお任せして良かったと思っています。当初は他の不動産業者にて物件を探し始めていたのですが、リノベーションも検討したいとの希望もありワンストップで進められる会社を探していた際、リノデュースさんを見つけました。仲介手数料無料やHPの事例も気に入り問い合わせたところ、大変丁寧でかつ迅速な対応をして頂き、何でも相談する事が出来ました。物件購入の条件をお伝えした際には100件以上?!も物件を出してくれ、それぞれのメリット、デメリットを丁寧に教えてくれました。

その他、気にいった物件の報告書も情報が満載で決断する際に安心して決めることが出来ました。リノベに関しても私達の限られた予算の中で理想に近づけることができ、とても満足してます。引渡後もいろいろと気にして下さり、リノデュースさんに出会えて、理想の住まいを手にすることが出来ましたので、本当に良かったです。引用:マンションコミュニティ

リノデュースの悪かった口コミ

リノデュースの悪かった口コミ

いろいろと不動産会社を探していたのですが、なかなかリノベーションもできる良いところがなくて途方に暮れていた中、夫がこちらを見つけて来ました。ワンストップを売りにしていることもあってスムーズに進むだろうなと思ったら、全くそんなことなかったです。職人さんが施工中に何度もデザインと違った施工をして、何度も修正していました。こんなところでどれだけ時間かけているんだろうと正直思いましたね。営業担当の方は丁寧で明るい方だったので、すごい好印象でした。職人さんのやる気がないのか、技術がないのかわかりませんが、もう少しちゃんとやって欲しかったです。引用:みん評

以前、こちらの会社でリノベーションをお願いしました。まず結論から申し上げますと後悔しております。

①見積がざっくり&間違いが多い
他の方も書かれていますが、パッケージだけでポンポン決めていける方にはよいかもしれません。ただ内装にある程度こだわりのある方は高く付くと思います。また他社と比べて詳細な見積もりがなく、スケルトンリフォームにも関わらず30程度の費用項目しかありません。

②施工が雑&ミスが多い
壁紙の処理が下手なのか下地が見えている部分があります。また1年ほど経つと壁紙の角部分に隙間がでてきます。コンセントの枠が浮きあがってたりと職人がやっているとは思えない状況です。引き渡しのタイミングで本当に希望した素材や設備なのかも絶対に確認した方がよいです。自分はそのタイミングで素材の間違い(グレードの低いものになっていた)や施工ミスが複数ありました。

ちなみにリノベーションから少し経つと、本社?からアンケートがきて、これらのミスを伝えても「ご意見ありがとうございました」で終わりなので期待しないでください。よかった点でいえば、内装のイメージを相談・作ってくれる方の対応はとても良かったです。これ以外にも結構あるんですがざっくりとはこの程度です。参考までに。引用:e戸建て

ここで施工して良かった、施工後も気にかけてくれたという意見もあったが、担当者によって対応も満足度も大きく変わると思う。最初の営業担当はパッケージ内容の資料を見せてくれたが、最終的に設計から出てきた見積もりは予算オーバー。物件によっては追加費用が発生するとは言え、打合せと内容が異なっていたり、不信感が募る内容だった。施工ミスがあったり完成時も打合せと異なった点が複数あり、図面や見積もり、打合せは何のためにあったのか疑問が残った。他の業者も似たり寄ったりかもしれないが、残念な気持ちになった。引用:マンションコミュニティ

リノデュースの新しい口コミ・評判

まだ新しいレビューはありません

リノデュースの口コミを投稿する


事実として良い口コミもあれば、悪い口コミもあります。リノデュースは施工件数が多いので、色んな意見があるでしょう。全員が良い口コミだと印象操作されてるのか?と逆に不安になります。

一個一個の口コミを吟味してもあまり意味がないので、共通点だけいうと担当者とお客さんの関係性で満足度は大きく変わるというのが僕の意見です。

最初に会社単体だけを評価できない、といいましたが「会社とお客さんの関係」よりも「担当者とお客さんの関係」のほうが影響は大きいと僕は考えています。これは、完成された形ある商品を売るのと違う、リフォームならではの事情。一般的にどのリフォーム業者でも同じことが言えると思います。

なので口コミに左右されず、実際に業者に相談しつつ、自分の基準(価値観)で業者を選定する意識が重要になってきます。

リノデュースの評判まとめ

最後にまとめると、リノデュースは

  • 中古物件購入からリノベーションまでワンストップ対応
  • 資金計画も相談でき、予算に合わせて提案してもらえる
  • 定期的な無料セミナーで気軽に相談できる

という特徴があり、中~大規模リフォームを検討してる人にお薦めです。

あとは担当者と直接話をして、実際に体感した印象から自分の基準で業者を選ぶのが大切です。

1年で70000回以上読まれてる記事です

安くリフォームする方法とは?

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。この前提を間違っている人が意外と多いです。

リフォーム業歴12年でわかった、見積もり金額を30%OFFにする方法

リフォームで失敗するパターンとは?

「家が綺麗になって快適、リフォームして良かった!」という声はよく耳にしますが、リフォームで失敗した理由を分析した、という記事が少なかったので書いてみました。

リフォームで失敗するパターンとは?800件以上の工事を経験した結果