リクシル、リシェルの値引き率は?【50%OFFでも高額になる理由】

商品割引,仕入れ値,掛け率

こんにちは、永山です。
リフォーム業歴は12年で、これまで800件以上の現場を経験してきました。

これからお話しするのは、

  • リクシルのリシェルSIにしようか悩んでいる
  • リシェルって高いけど、少しは安くなるの?
  • リシェルの最安値を知りたい

という「リシェルの値引き率」についてです。

前提として、工務店によって値引き率、仕入れの掛け率は大きく違います。
ですが僕自身リフォーム経営、営業経験の中で商社やメーカー、業界内の知り合いも多いので、ここでの話は実際それほど誤差はないと思います。

まず最初に結論をいうと、リシェルの値引き率目安は「40%OFF前後」です。
工務店のキャンペーン時期を狙うと、半額の50%値引きも難しくありません。

とはいえ、値引き率だけを追って、逆に高値を掴んでしまう人もいるんですよね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。

リシェルの割引きが、工務店で大きく違う理由

商品流通経路,顧客,工務店,商社,メーカー,メーカーから直接は仕入れない

視点をあげて「どのような仕組みで商品が家に届くか」を理解するのは重要です。
この構造を理解することで、効果的に値段交渉ができるからです。

基本的には、メーカーから直接購入するケースは少ないです。
販売店でもあるニトリのキッチンとった例外もありますけどね。

通常は、顧客と工務店が契約し、商社を経由してメーカー商品を仕入れます。
なので、普通に考えても「工務店と商社の利益がプラスされる」という訳。
もちろん、配送や発注業務を代わりにしてくれるので妥当なマージンですが。

とはいえ「無駄に関係する人が多い」と、その分金額が高くなってしまいますよね。
例えば、以下のようなケース。

商品流通経路,顧客,工務店,商社,メーカー,一次商社,二次商社,下請け業者,関与する人が多ければ、金額も高くなりやすい

商社とメーカーに取引がない場合は、取引ある商社を1社入れて商品を仕入れます。
他にも工務店が直接仕入れず、下請け業者が仕入れるケースもあります。
なぜなら工事の段取り的に、そのほうが都合良い場合もありますからね。

こちらとしては、どんな経由でも良いから安くしてくれたらオッケー。
ですが、あまりに関係する人が多いと「下げ幅が少なく値引きが難しい」のが事実

リシェルの施工事例がそもそも少ない場合は、構造的な仕組みが原因かもしれません。
最初からリシェルの実績が多い工務店に、値引き交渉するのが合理的といえます。

永山
永山
安くしたいなら「依頼する業者選び」が一番重要です

リシェルが50%OFFでも安くならない理由

例えリシェルの値引き交渉が上手くいっても、合計金額が高ければ意味がありません。
リフォームの金額は、「商品代+工事費+諸経費」で決まります。
なのに、商品の値引きだけに視点がいきすぎてる人が意外と多いです。

極論をいうと、工務店は「釣り」で商品代を安くしてるケースが大半。
新聞に入ってるチラシをみれば一目瞭然ですよね。
「リシェル50%OFF、台数限定」みたいなチラシ。なのに工事費は極端に高い、とか。
(見積もりしてもらわないとわからないから、話だけは進んでしまう)

もちろん、中には「工事費も安くて、全体の金額も安かった!」
というケースもあるので余計に意味がわからなくなるんですけどね。

何が言いたいかというと、「合計金額が全てだよね」、という話。
木を見て森を見ず、じゃないけど手段が目的になってしまうのは避けたいですね。

リシェルをお薦めする人、お薦めしない人

リシェルの良さはワークトップの品質の高さです。
接触する頻度の高い天板とシンクがしょぼいと、料理する気も失せますよね。

リシェルではセラミック素材の天板も用意されてて、耐久性とデザイン性が抜群。
シンクも汚れにくく水はけが良い構造(ナイアガラフロー方式)になっています。
他にも収納が使いやすいなど、値段が高いだけのことはありますね。

なので、「料理好きで料理をさらに楽しみたい人」にリシェルはお薦めです。

逆にお薦めしないのが、「予算を抑えて工事したい人」ですね。
リシェルは万が一値引きが良くても、それなりの見積もり金額になります。
なので、お金を気にしながら選ぶような商品では正直ありません。
予算を重視するなら、アレスタなどグレードを一段階落とすのが良いですね。

まとめ

最後にまとめると、

  • LIXIL リシェルの割引率は40%OFF前後が多い
  • 商品代ではなく、あくまでも合計金額が一番重要
  • リシェルは高級グレードなので予算重視の人にはお薦めしない

という感じです。

リシェルは高価格グレードなので、当然満足度の高い商品です。
高い商品を購入するからこそ、腕の良い業者に依頼しないと本末転倒。
リシェルを選ぶなら、予算より品質重視で業者も選びましょう。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ