【徹底解説】洗面所リフォームの費用はどれくらい?

洗面所リフォーム,費用
  • 洗面所をリフォームしたいけど、費用はどれくらいなのか?
  • 他の人は、洗面所にどれだけの費用をかけているのか?

と、洗面所リフォームの費用や相場は気になりますよね。

結論をいうと、洗面所全体だと30万~50万円が相場です。
もちろん、単品工事だと10万円以下の人も多いですよ。

それでは、具体的なお話しをしていきますね。

スポンサードリンク

洗面所リフォームの相場は?

洗面所リフォームの相場

  • 10万円以下:単品工事
  • 10万円~30万円:単品工事 or 洗面所全体(低グレード)
  • 30万円~50万円:洗面所全体(中グレード)
  • 50万円以上:洗面所全体(高グレード)

といった感じが相場ですね。

「30万円以下で抑えたいけど、やっぱり質は落とせないよね。」
という感じで、30万~50万円ぐらいで工事する人が多いです。

洗面所リフォームは、単品工事の組み合わせで費用が決まります。
なので、具体的に8種類の工事内容をお話ししていきますね。

洗面所リフォームの工事内容

洗面所リフォームの工事内容を、8種類にまとめました。

  1. 洗面台を交換したい
  2. 洗濯パンを交換したい
  3. 洗面所の壁紙、床を張り替えたい
  4. 洗面ボウルを交換したい
  5. 狭い洗面所を広くしたい
  6. 洗面所の収納を増やしたい
  7. 造作洗面台が欲しい
  8. セカンド洗面台が欲しい

それでは、順番に説明しますね。

洗面台を交換したい

洗面所リフォーム,洗面台

洗面台の交換は、サイズや仕様で費用も変わります。
よくあるサイズは、60cm、75cm、90cmです。
この3パターンで、施工例&費用を解説します。

【参考】洗面台の交換、費用はどれくらい?

洗濯パンを交換したい

洗面所リフォーム,洗濯パン

洗濯パンを交換するのは、洗濯パンが割れた、というのが多いです。
他にも、ドラム式洗濯機に交換したい、という理由もあります。
その際、洗濯水栓(水道)の位置を変える必要もあるかもしれませんよ。

【参考】洗濯パンの交換、費用はどれくらい?

洗面所の壁紙、床を張り替えたい

洗面所リフォーム,洗濯パン

お風呂の湿気で、洗面所の壁紙や床は傷みやすいですね。
年数が経てば、嫌でも張り替えたくなります。
壁紙と床を、色んなデザインでイメージ作成しました。
こちらで、施工例&費用を解説します。

【参考】洗面所の壁紙・床の張替え、費用はどれくらい?

洗面ボウルを交換したい

洗面ボウル,ひび割れ

洗面ボウルは陶器製が多いので、モノを落とすとひび割れします。
洗面台自体が新しい場合、洗面ボウルだけ交換できれば助かりますよね。
こちらで、施工例&費用を解説します。

【参考】洗面ボウルを交換、費用はどれくらい?

狭い洗面所を広くしたい

狭い洗面所リフォーム

狭い洗面所では、モノがあふれるのは当然。
洗濯機が置けないようでは、使い勝手も悪いです。
なので、大掛かりに間取り変更するのも手段のひとつですよ。

【参考】狭い洗面所リフォーム、費用はどれくらい?

洗面所の収納を増やしたい

洗面所リフォーム,収納

キッチンと同じくらい、洗面所は収納に困ります。
ストック品があふれるのも、仕方ありません。
吊り戸とニッチ、床下収納庫を利用してみましょう。

【参考】洗面所の収納がほしい、費用はどれくらい?

造作洗面台が欲しい

洗面所リフォーム,セカンド洗面台

機能性では、メーカー既製品には負けますが、
デザイン性では、造作洗面台の自由さが勝ちます。
あなただけのオリジナル洗面台をつくってみましょう。

【参考】造作洗面台をつくりたい、費用はどれくらい?

セカンド洗面台が欲しい

洗面所リフォーム,造作洗面台

洗面台は、洗面所の中だけとは限りません。
朝一に、家族で洗面台の奪い合いはもううんざり。
洗面台が2台あれば、そんな悩みもなくなりますよ。

【参考】セカンド洗面台の費用は?

洗面所リフォームで失敗しないためには?

洗面所リフォームといっても沢山の工事があります。
その中でも、間取り変更造作洗面台工事は、業者とのトラブルが多いです。
それは、なにもリフォーム業者の質が低い・・、というだけではありません。

リフォームで失敗しないためには、本質的な問題と向き合う必要があります。
リフォーム業者を探す前に、その本質を理解しておきましょう。

【参考】リフォームの失敗例を公開、本質的な原因は?

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ