玄関の横がキッチン!寒いのは我慢する!?

悩み相談で多いのが、キッチンが寒い!っていうテーマ。

  • 玄関のすぐ近くにキッチンがある
  • どこからか足元に冷気が走る
  • キッチンだけじゃなく家全体が寒い

キッチンが寒い、といっても理由は色々とあります。
まず大切なのが原因を知ることです。
色々と対策は練ったけど・・・・
と、いう人に限って的外れなことをしています

大きく分けると原因は3つ。

  • 家の断熱が悪い
  • 隙間風が入る

実は、家が寒い原因はこの2つだけなんです。
あと注意が必要なのは、寒いを感じるのは人それぞれということ
普通の気温でも寒いと感じる冷え性の人もいます。

キッチンには女性が立つことが多いので、
単純に冷え性なだけ・・・ということもありえます。
それなら、家の問題じゃありませんよね?
冷え性の対策グッズを買うのが正解になります。

ここでは、家の問題に追及していきますね。

スポンサードリンク

家の断熱が悪いの解決法は?

1つ目は家の断熱が悪い、という問題です。
まずは、断熱を理解する必要があります。
難しい話は要らないと思うので、簡単に説明。

家にとって断熱はすごく大事。
断熱が良ければ、冬は暖かく、夏は涼しい環境になります。
断熱を良くするには断熱材が必要。

断熱材は、「ふわふわ」した布団を家の廻りに入れるイメージですね!
というより、布団・・・でいいかもしれません(笑)
その断熱材が少ないと、冬は家の中も寒くなります。

だからキッチンが寒い・・・というより、家全体が寒いですね。
もちろん外壁側に近い位置だと、より寒くなりますよ。

この場合の対策は、単純に断熱材を増やす。
というのが正解ですが、すごくお金がかかります。
全面改装リフォームするときにしましょうね!
と、いう話になります。

なので、対策としては出来る範囲で頑張る!
賃貸住まいの人や資金がない人は、手軽なアイテムを利用しましょう。

断熱シート

一番断熱効果がないのが、
ペラペラの窓ガラスに断熱が少ないのは当たり前。
断熱シートは、最低限の費用でできる対策です。

断熱マット

冷え性の人は足元が気になりますよね。
断熱マットは本当にお薦めですよー!
寒さはかなり軽減されるし、取り外しも簡単ですからね。

簡単内窓キット

簡単内窓キットは、自分でも取付できる二重窓ですね。
両面テープで枠を取付するタイプなのでお手軽です。

窓からの冷気は本当に大きいですからね。
断熱シートを貼っても軽減されない・・・
そんな人は一度考えてみましょう!

玄関ドアカバー工法

玄関からの冷気が原因の場合。
これも断熱が原因なんですよ。
今では、玄関ドアも断熱仕様の商品があります。

玄関ドアを交換・・これは上の方法に比べるとお金がかかります。
最低でも20万円以上はかかりますね。
でも、玄関が冷気の原因だとしたら一番良い方法です。

玄関も何十年も使ってる古いもの。
だとしたら、リフォームするのをお薦めします。
日数も一日で交換できる、リフォームドアがありますよ。

ただし、玄関ドアもサイズや仕様によって施工方法が違います
まずは、専門家に話を聞いてみましょう。
知り合いに詳しい人がいないなら、ホームプロで業者を探しましょう。

【参考】知りたくない!?ホームプロの評判

隙間風が入るのを改善!

家の断熱が悪い場合、隙間風が入る家も多いです。
理由は、断熱が悪い家は築年数が古いから。
つまり、建具がゆがんで隙間風が多くなるんです。

この隙間風ほど、うっとおしいものはありません。
これを直すには、窓や扉の調整が必要です。

でも素人が、窓を触るのは危険です。
結構、窓は繊細だから余計ゆがみが強くなります。
対策としては、本当に原始的(笑)

モヘアシール

モヘアシールは見た目はダサいですが、効果は本物。
隙間風が気になる人は、絶対に張った方が良いですよ。
モヘアシールは厚みも選べるので、
自分の家に合ったモヘアを貼ってくださいね。
隙間より大きめのサイズを買いましょう!

まとめ

いかがでしたか?
以外と対策は、原始的なことばかり。
それが一番安くつくんですよね(笑)

根本的な解決は、全面リフォームが一番なんですけどね。
断熱材を入れてレイアウトを変えるだけで、
寒さの悩みはほとんど解決しますから。

キッチンのレイアウトについては、
イメージ図ありで色んな間取りを紹介していきます。
少しづつ事例も増やしていくので、是非ご覧になってください!

【参考】間取り変更でキッチンが使いやすくなる!?

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ