職人さんに3時のお茶菓子を出す?出さない?

以外と気になるのが、お茶お菓子事件ですね。
昔は、出すのが一般的でしたけど、今は出さない傾向も強いですからね。

担当さんに聞いたけど、「出さないでいいですよー、今はお断りしてます」とか。
とは言われてもね・・って話ですね。

ここからは個人的な意見ですけど話していきますね。

スポンサードリンク

お茶、お菓子は出そう

ずばり、3時のお茶お菓子ぐらいだそうよ!って話。
これは当然、出してメリットはあれど、
デメリットはたいしてないよね!ってことです。

お茶代お菓子代は正直、金額でいうとしれてますよね。
だったら、出したほうが良くないですか?

職人さんからしても、ないよりはあるほうが嬉しいですよね?(笑)
まぁ個人差あると思いますが。

というより、出す出さないで悩むぐらいなら出しましょう!
っていうのが個人的な意見です。別に損とかないですよね。

人は比べる生き物

お茶菓子のあり、なしで職人さんが手を抜くとかはないでしょう。
相当、お茶菓子が好きな職人さんなら別ですけど。

でも、職人さんも皆人間です。
お茶菓子を貰えば嬉しい可能性は高いですし、
自然と他のお客さんとも比べますよね。

  • お茶菓子を出しくれる人、とそうでない人
  • ちゃんとリフォーム前に片づけをしてくれてる人、とそうでない人
  • 挨拶をしてくれる人、とそうでない人

こちらが職人さんを比較するのと同じで、
相手も当然ながら自然と比較してますよ。

であるなら、少しでも好印象を持たれるほうが良くないですか?
もしかしたら、「ここ壊れてたんで直しときましたよ!」とかサプライズもあるかもです。
まぁないかもですが、損得より気持ちです。

「たかがお茶菓子、されどお茶菓子」です。

(関連:良い職人をお願いします♪って何を基準に言ってるの?

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ