【徹底解説】タウンライフの利点は、安くなるシンプルな構造

タウンライフリフォーム
  • いざリフォーム会社を探しても、どの業者が良いかわからない
  • 見積もりをもらっても、なぜか高く感じるけど妥当なのか不明

と、リフォームを計画しても意外とスムーズにはいきません。
特に自力で会社を探すと、どの会社が良いかわからず悩むことが多いです。

なので、会社紹介サイトを使うのが最近では一般的。
タウンライフの場合は「相見積もりで値引きしやすい」のが大きな特徴です。
つまり「安くリフォームしたい人」であれば、タウンライフは最適といえます。

とはいえ、タウンライフにもデリットがあるので順番に説明していきます。

タウンライフと他社サイトの違い

会社紹介サイトは沢山ありますが、正直いうとどこも大きな違いはありません。
単純にリフォーム会社を紹介してくれるだけです。

ですが裏側を知ると「構造的に安くするのは限界があるよね」と理解できます。

一般的な会社紹介サイトの場合

紹介サイトは優良企業を紹介してくれますが、ボランティアではありません。
どの紹介サイトも営利目的の企業なので、リフォーム会社から収益を得ています。

会社紹介サイト,販売手数料,紹介料

基本的に上のパターンで、紹介料と販売手数料をリフォーム会社は支払います。
もちろん会社の予算で広告費を払ってるので、見積もりに上乗せされる訳ではありません。

ですが、この仕組みだと「必要以上に大きな値引きは難しい」というのが業者側の心情。結果として「相見積もりしても安くならない」という状態になります。

例えば200万円のリフォーム工事で、販売手数料が10%の場合。
販売手数料の20万円と紹介料」をリフォーム会社が負担します

タウンライフの場合

タウンライフリフォーム,販売手数料,紹介料

タウンライフの場合は、この構造がシンプル。
本来かかるはずの販売手数料がないので「リフォーム会社の負担も少ない」です。
なので結果として「交渉して金額を値下げできる可能性が高い」です。

他の紹介サイトに比べて紹介料が安いので、業者側としても使いやすいサイトといえます。(もちろん、あなたも完全無料で使用できます)

販売手数料がかかる紹介サイトや、自社集客(新聞チラシやWeb広告)で高い広告費を払ってる会社だと「値下げに限界がある」のは当然です

タウンライフのデメリット、メリット

ここからは、タウンライフの「デメリット、メリット」の解説です。

【デメリット】地域で業者の数に偏りがある

タウンライフは全国のリフォーム会社を紹介してくれるサービス。
ですが地域によって「業者の数に偏り」があります。
基本的に都市部であれば業者数も多いですが、田舎になれば数も少ないです。

タウンライフ,デメリット

上の画像は申込みフォームですが、地域によっては表示される会社の数が減ります。
なので「5社紹介して欲しいけど、2社しかない」というケースもあります。

とはいえ、リフォームは相見積もりが必須です。
紹介数が少ない場合は、新聞チラシやネットで他の業者も探さないといけません。
なので、結局は「自力で探す手間と労力がかかるかもしれない」のがデメリットです。

タウンライフ複数の会社を選べる

ちなみに複数の会社を選べる場合は、上のような画面になります。
気になる会社だけをチェックして、見積もり依頼ができます。

【メリット】業者の審査がある

デメリットとメリットは、表裏一体です。
地域によって業者数が少ない理由に「業者の審査がある」というのが大きいです。

もし審査がなければ、紹介できる会社数も簡単に増やせます。
紹介できる会社が多い方が、タウンライフ側としても都合が良いですしね。

それでも無闇に業者を増やさないのは「質の悪い業者を紹介したくない」ということ。
リフォームで失敗しないかは業者選定が全てなので、審査の有無は本当に重要です。
(実際、質の悪いサイトだと審査なんてありません)

まとめ

最後にまとめると、

  • 相見積もりで安くしやすい仕組みになっている
  • デメリットは、地域によって業者数が少ない
  • メリットは、業者の審査があるので安心

という感じです。

正直いって、工事の難易度が高くなければ重要なのは「お金」です。
安ければ商品のグレードをあげれるので、結果的にリフォームの質が良くなります。

タウンライフは構造上、相見積もりで値段交渉しやすいので利用価値が高い。
なので、「安くリフォームしたい人」にはおすすめです。
ちなみに評判の良い会社はすぐ予定が埋まるので、早めに探したほうが良いですよ。

【無料】格安のリフォーム会社を探すなら「タウンライフリフォーム」

このページの先頭へ