二世帯住宅のリフォーム費用は?【新築じゃないから難しい】

二世帯住宅のリフォーム、費用はどれくらい?

こんにちは、永山です。
リフォーム業歴は12年で、これまで800件以上の現場を経験してきました。

これからお話しするのは、

  • 二世帯住宅にして同居しようか悩んでる
  • 普通の一軒家を二世帯にできるの?
  • 二世帯住宅にすると金額はどれくらい?

といった「二世帯住宅のリフォーム費用」についてです。
親子近くに住むのであれば、二世帯住宅は選択肢の一つになります。

まず前提として、工務店よって見積もり金額は違うのだけ覚えておいてください。
商品の仕入れ値や人件費、会社の利益率も変わるので当然といえば当然です。

ですが僕自身リフォーム経営、営業経験の中で商社やメーカー、業界内の知り合いも多いので、ここでの話は実際それほど誤差はないと思います。

では結論をいうと、古民家改装は1000万~1500万円ぐらいします。
もちろん、家の大きさや工事内容で金額は大きく変わりますけどね。

それでは、具体的にお話ししていきます。

二世帯住宅リフォームの注意点

最初に言うと、新築と違いリフォームで二世帯住宅にするのは難易度が高いです。
なぜなら「一世帯用の家」を二世帯にするのは、どう考えても不自然。
基本的に家の構造や設備配管、電気容量など全てが一世帯用に作られています。
二世帯住宅にするのは「リフォームで強引に変える」というのが実際のところです。

なので現実問題、完全な二世帯住宅に変える人は少数派。
一部を共有することで「半・二世帯住宅」として改装するケースが多いです。

例えば、

  • 食事スペースは一緒にして、お風呂やトイレを別にする
  • 基本的には全て共有して、1階と2階で生活を分ける
  • 玄関の入口は一緒だけど、室内はキッチン以外を分ける

など色んなパターンがあります。
当然ですが「家の構造、予算面、お互いの生活スタイル」で異なります。

なので、ここで説明する二世帯住宅は一つのモデルケースでしかありません。
参考程度に情報を集めて、自身にスタマイズするのがお薦めです。

二世帯住宅リフォーム、工事のイメージ

Before

戸建て,一軒家,41.5坪,1階,図面

それでは、二世帯住宅リフォームの図面をみていきます。
一世帯用の家を、半ば強引に二世帯に変えていきます。

戸建て,一軒家,41.5坪,2階,図面

こちらは2階の間取りです。
家が広ければ、それだけ自由度も高いので改装しやすいです。

After

二世帯住宅,一軒家,戸建て,1階

二世帯住宅の間取りに変えてみました。
1階にはお風呂と洗面所を2つずつ配置。
階段の位置も変えて、使いやすい導線に変えています。

二世帯住宅,一軒家,戸建て,2階

2階にはキッチンを増設して、水回りスペースは2世帯分作りました。
それでも、玄関は一ヵ所なので顔合わせる回数は多いでしょう。
何を優先させるか」で二世帯住宅の間取りは大きく変わります。

二世帯住宅の見積もり費用

二世帯住宅に変えるには、全面的に改装するケースが多いです。
一軒家の全面改装であれば最低800万円以上はします。
解体する箇所が多ければ、1000万円オーバーですね。

二世帯用であれば、設備商品も単純に2倍になります。
なので二世帯住宅の改装費用は、1000万円~1500万円は予算が必要です。
もちろん内容によっては2000万円超えることもあるので、建て替えの検討も平行して考えておくのがお薦めです。

工事期間は2ヵ月~4ヵ月ほどは必要です。
完成から逆算して1年ほど前から計画を進めてください。

永山
永山
安くしたいなら「依頼する業者選び」が一番重要です

まとめ

最後にまとめると、

  • 二世帯住宅のリフォーム費用は、1000万円~1500万ぐらい
  • 2000万円を超えるケースもあるので、建て替えも同時に検討する
  • 工事期間は、2ヵ月~4ヵ月ぐらいで完成

という感じです。

予算はもちろん、間取りのプランも含めて二世帯住宅は計画に時間がかかります。
計画するの早すぎるのでは?」と思うぐらいのペースで計画を進めるに越したことはありませんよ。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

リフォーム業歴12年でわかった、見積もり金額を30%OFFにする方法


このページの先頭へ