浴室の床タイルにシート張り、費用はどれくらい?

  • 冬の風呂場がきつい、足の裏が冷たい
  • 目地が汚れて、掃除が面倒すぎる

こんな悩みもユニットバスにすれば解決ですが、結構な費用がかかります。
予算的に難しければ、浴室床にシートを張るのがお薦めです。

では、浴室床シート張り費用はどれくらいか?
結論をいうと、5万~8万円ぐらいはかかります。
下地の状態やシートを張る面積でも変わってきますけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。

スポンサードリンク

浴室床シートの工事内容

浴室の床に張るのは、

  • フクビ ペディシート
  • 東リ バスナフローレ

あたりがよく使われますね。
両方共、水はけが良く、滑りにくい素材です。

Before

浴室床タイル

よくある浴室で床はタイルです。
冬は冷たいのが嫌ですよね。

After

浴室床シート

ベージュのシートを張ってみました。
フチはコーキングでしっかり防水処理。
これで、寒さも和らぎますね。

浴室床シート張りの流れ

浴室床シート張りの流れ

  1. 掃除をする
  2. パテをする
  3. ボンドを塗る
  4. シートを張る
  5. コーキングを打つ

といった流れです。
ポイントは、パテで凹凸をなくすこと
勾配を残しつつ、丁寧にパテをするには技術が必要です。

工事期間は、1日あれば完成します。

浴室床シート張りのお見積り

今回の工事、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
商品代 ペディシート、専用プライマーなど 15,000円
内装工事 床シート張り工事 40,000円
諸経費 交通費、駐車場代、残材処分 8,000円

これを合計すると、6万3千円です。
床の下地状態やシートを張る面積でも金額が変わります。

まとめ

最後にまとめると、

  • 浴室床シート張りの費用は、5万~8万円ぐらい
  • 工事期間は、1日あれば完成
  • 下地状態によって金額も変わる

という感じです。

浴室の床にシートを張るのは、器用な人ならDIYでもできます。
ですが下地や防水の処理が難しいので、プロに任すのが無難です。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法



スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ