浴室のリフォーム!大事なポイントをチェック!

浴室リフォーム

あなたにとってお風呂は、どんな空間ですか?

  • 仕事の後に、ほっと安心できる
  • 一番リラックスできる癒しの場所
  • 半身浴しながらテレビを見る最高の時間

人それぞれですが、お風呂はだれにでも必要な場所、ですよね?
そんなお風呂も、少しづつ傷んで修理が必要になります。

昔のタイルのお風呂・・、であればなおさらです。
最近では、ユニットバスがほとんど。
そんな、ユニットバスについてお話ししていきます。

スポンサードリンク

ユニットバスの選び方

ユニットバスは、戸建て用とマンション用があります。
マンション用が戸建て用と違うところ。
それは、防水パンが標準装備なのとサイズバリエーションが違う点です。

マンションは階下に人が住んでいるのと、
構造上設置スペースが決まっているのが理由です。

①サイズを決める

お風呂はできたら広いほうが気持ちいいですよね?
でも、お家の大きさは人それぞれ。
お風呂のサイズも人それぞれです。

戸建ては、1616サイズ(1m60cm×1m60cm)が多いです。
小さい浴室は1216サイズ(1m20cm×1m60cm)のときもあります。
まずは、現状の浴室に当てはまるユニットバスを探しましょう。

サイズが当てはまらない場合は、
マンション用のユニットバスに適正サイズがあるかもしれません。
もしくは、タカラスタンダードのお風呂がオーダーで発注できます。

マンションの場合は、寸法がシビアな状況が多くあります。
メーカーにより設置寸法が違うので業者の確認が必要です。

②浴槽を選ぶ

メーカーが決まったら、ショールームで細かい詳細を確認しましょう。
選択するオプションで金額も変わってきます。
大きく金額が変わるのは、浴槽の素材です。

浴槽の素材は基本的にFRP素材ですが、
オプションで人造大理石に選択できるメーカーもあります。

人造大理石は見た目が豪華なので、
デザイン性の高い浴室を好まれる方は触って確認しましょう。

③壁面パネルを選ぶ

壁面パネルは種類によって大きく金額が違います。
掃除のしやすい鏡面パネルと通常の光沢パネルがあります。

4面同じ色で統一することもできますし、
1面のみアクセントで色を変えることもできます。

④床材を選ぶ

床材は色だけでなく、水はけの良い床材を選びましょう。
私のおススメはTOTOの「ほっカラリ床」です。

水はけが良いだけでなく、クッション性のある床材です。
膝をついても痛くありません。
是非ショールームで体感してみてください。

④換気扇を選ぶ

密閉性のあるユニットバスだからこそ、換気扇は大切です。
換気だけでなく、暖房乾燥機能付きの換気扇もあります。
ガスか電気かで効果や金額は変わってきます。

⑤手すりを選ぶ

年配の方は特に大事な手すりです。
手すりがあるだけで、大分楽になります。

樹脂製やステンレス製があります。
形もL型とI型から選びます。

他にもオプションは沢山あります。
鏡や収納、シャワーの種類とかですね!

浴室リフォームの工事期間と金額

ワクワクするお風呂のリフォーム♪
でも、気になるのが工事期間金額です。
工事期間は、今のお風呂の状況により変わります。
お風呂の費用、これは相場を知っておきましょう!

ユニットバスからユニットバスの場合(1216サイズ)

ユニットバス本体の交換は、約2日程で完了します。
ドア廻りの補修で1日程必要とします。
脱衣場の内装張替えがなければ、約2~3日、工事期間が必要です。

ユニットバスの交換費用は、20万前後~30万円。
商品代を30万円とすると全部で約50万円~80万円程です。
商品によっては、100万円程費用が掛かるケースもあります。

在来浴室からユニットバスの場合(1616サイズ)

在来浴室の場合、解体と土間を固める作業が必要になります。

  • 解体、土間打ち、土間の乾燥で3日程
  • ユニットバスの組立で2日程
  • 脱衣所の補修で1日程

解体の量や現場状況で変わりますが、約5~6日、工事期間が必要です。

在来浴室からユニットバスの費用は、30万前後~40万円。
商品代を30万円とすると全部で約60万円~90万円程です。
商品によっては、100万円以上費用が掛かるケースもあります。

作業工程が多い分、今がユニットバスの場合より費用が高くなります。

リフォームの匠が厳選 おススメ商品 BEST3

LIXIL アライズ

アライズ

LIXILの戸建て用ユニットバスです。
デザイン性はもちろん、清掃性の高い商品です。
排水口の掃除がしやすい、くるりんポイが良いですね!
デザイン的には若者うけしそうなイメージです。




タカラスタンダード 伸びの美浴室

伸びの美浴室

サイズオーダーができるユニットバスです。
狭い浴室の場合に重宝しますね。
浴槽の壁は、ホーロークリーンパネルという清掃性の高い商品です。
ホーローといえば、タカラスタンダード。
他社はホーローに手を出さないのかなぁ?




TOTO リモデルバスルームWF

リモデルバスルームWF

TOTOのマンション用ユニットバスです。
ほっカラリ床の柔らかさは、感激ものです。
サイズが豊富なので、リフォーム業者からしても重宝します。






リフォームはどれだけ情報を得ても、結局は施工業者の質に左右されます。
しかし良い業者と出会うのは、現在とても難しい状況です。
その理由は、リフォーム業界事情に関係があります。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ