壁面収納のリフォーム費用は?【30万~50万円】

こんにちは、永山です。
リフォーム業歴は12年で、これまで800件以上の現場を経験してきました。

これからお話しするのは、

  • リビングに物があふれてスッキリしない
  • 少しはインテリアの小物を綺麗に飾りたい
  • テレビ台だと小さいから壁面収納にしようかな

といった「壁面収納の費用」についてです。

まず前提として、工務店よって見積もり金額は違うのだけ覚えておいてください。
商品の仕入れ値や人件費、会社の利益率も変わるので当然といえば当然です。

ですが僕自身リフォーム経営、営業経験の中で商社やメーカー、業界内の知り合いも多いので、ここでの話は実際それほど誤差はないと思います。

では結論をいうと、壁面収納は30万~50万円ぐらいします。
もちろん、サイズや壁面収納のグレードでも金額が変わってきますけどね。

それでは、具体的にお話ししていきます。

壁面収納の工事内容

Before

TVボード,工事前

こんな感じでテレビボードだけ置いてる人も多いでしょう。
当然、収納量は少ないです。
なので、壁一面を収納に変えてみましょう!

After

TVボード,工事前

いかがでしょうか?
かなり収納量も増えたので、
モノが溢れず、リビングがスッキリしました。

壁面収納のパターン

壁面収納にも色んな形があります。
例えば、こんなパターンとか

壁面収納,吊り戸

吊り戸とTVボードを組み合わせた、比較的予算を抑えたプラン。

こんなパターンもありますね。

壁面収納,全面

隠す収納と魅せる収納をバランスよく配置してます。
全面収納だと圧迫感がでますからね。

さらには、こういったパターン。

壁面収納,コの字型

逆コの字型プランですね。デザイン性の高くなる収納プランです。

こんな感じで壁面収納のパターンはさまざまです。
そして壁面収納の主要メーカーは、こんな感じです。

メーカー 商品名
Panasonic(パナソニック) CUBIOS(キュビオス)
DAIKEN(ダイケン) MiSEL(ミセル)
LIXIL(リクシル) Vietas(ヴィータス)

メーカーショールームにいくと、よりイメージしやすいですよ。

壁面収納取り付け、工事期間

壁面収納、取り付け工事の流れ

  1. TVボードを処分
  2. 壁のボードをめくる
  3. 木下地の補強をする
  4. 壁面収納の取り付け
  5. 扉を調整する

という流れです。
簡単にいうと、「下地補強 → 壁面収納を取り付け」ですね。
工事期間は、2日ほど必要です。

下地補強の方法によって、工事期間や金額も変わってきます。

壁面収納取り付け、見積もり費用

壁面収納の工事、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
養生費 養生テープ、エコフルボード 5,000円
商品代 壁面収納 360,000円
大工工事 下地補強、壁面収納取付費 100,000円
残材処分費 法規処分、搬出運搬 10,000円
諸経費 交通費、駐車場代など 10,000円

これを合計すると、48万5千円です。
壁面収納のスタイルを変えるだけでも金額は前後します。

壁面収納は見て頂いたように、色んな形、パターンがあります。
30万円ぐらいの人もいれば、100万円オーバーの人もいます。

永山
永山
安くしたいなら「依頼する業者選び」が一番重要です

まとめ

最後にまとめると、

  • 壁面収納の費用は、30万~50万円ぐらい
  • 工事期間は1日~2日ぐらいで完成
  • 壁面収納のデザイン、形は色々ある

という感じです。

まずは、カタログや雑誌をみてイメージを膨らませましょう。
収納量が多くても、部屋を圧迫させるようなら考えものです。
予算と内容、全体のバランスをみてプランニングしましょうね。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ