開き戸から引き戸に交換したい、費用はどれくらい?

  • この部屋、開き戸だと使いにくい
  • ここが引き戸だと使いやすいのに・・

古い家であればあるほど、おかしな間取りは存在します。
では、開き戸から引き戸に交換する費用はどれぐらいか。

結論をいうと、6万~8万円ぐらいはかかります。
もちろん、どんな引き戸をつけるとでも違いますけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。

スポンサードリンク

開き戸から引き戸にする方法

開き戸から引き戸にする方法は2つあります。

  • 固定枠納まり
  • アウトセット納まり

少し専門的な言葉なので、わかりませんよね。

簡単に言えば、

固定枠納まり=綺麗に交換する方法と、
アウトセット納まり=手軽に後付する方法、という認識で大丈夫です。

リフォームの場合、アウトセット納まりがよく使われてますね。
それでは、後付する方法の施工例で説明していきます。

開き戸から引き戸に交換、工事内容

Before

開き戸,工事前

普通の開き戸はこんな感じですね。

After

引き戸,工事後

アウトセット引き戸をつけてみました。

普通の固定枠で納めると、壁の解体が必要です。
ですが、後付けのアウトセットだと、壁の解体がいらないんですね。

工事期間は、1日あれば完成します。

開き戸から引き戸交換、見積もり費用

開き戸から引き戸にする工事、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
養生費 養生テープ、エコフルボード 5,000円
商品代 アウトセット引き戸など 35,000円
大工工事 引き戸取付費 25,000円
廃材処分費 法規処分、搬出運搬 5,000円
諸経費 交通費、駐車場代など 5,000円

これを合計すると、7万5千円です。
扉のデザイン、サイズによっても金額は変わります。

まとめ

最後にまとめると、

  • 開き戸から引き戸にする費用は、6万~8万円ぐらい
  • 工事期間は、1日あれば完成
  • 引き戸の取付方法で金額も変わる

引き戸を簡単につけれるかは、家の状態によって変わります。
壁の傾きや下地の有り無しを確認してもらいましょう。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法

スポンサードリンク

このページの先頭へ