L型キッチンを交換、費用はどれくらい?

L型キッチン,交換,費用

サイズが大きいL型キッチン。
大きい分、使い勝手は良いですよね。
でも交換する費用は、普通の壁付けキッチンより高めです。

では、どれくらい費用はかかるのでしょうか。
具体的な工事内容から確認しましょう。

スポンサードリンク

L型キッチンの交換、具体的な工事内容

Before

昔ながらのタイル壁の流し台です。
サイズは195cm×195cm。
希望は「スッキリしたキッチンにしたい」です。
では、キッチンを交換してみましょう。

After

白色のスッキリしたキッチンに変わりました!
タイルにはキッチンパネルを上張り。

キッチンはTOTOのクラッソを採用しました。
オールスライド引き出しに、掃除のしやすいレンジフード。
高級感も機能性もアップしましたね。

L型キッチン交換工事の流れ

L型キッチン交換工事の流れ

  1. 古いキッチンの解体
  2. 配管などの仕込み
  3. 木下地の補強
  4. キッチンパネル張り
  5. L型キッチンの取り付け
  6. 配管の接続

という流れです。
工事期間は、2日~4日ほどで完成です。

L型キッチン交換のお見積り

この工事、金額はこんな感じです。

項目 詳細 金額
養生費 養生テープ、エコフルボード 10,000円
商品代 TOTO クラッソ 600,000円
商品代 アイカ キッチンパネル、他部材 50,000円
解体工事 流し台解体 40,000円
設備工事 配管仕込み、接続 50,000円
ガス工事 ガス配管仕込み、接続 30,000円
電気工事 電気配線 40,000円
大工工事 下地組み、パネル張り、他雑工事 75,000円
組立工事 システムキッチン組立 130,000円
廃材処分費 残材処分、運搬 40,000円
諸経費 交通費、駐車場代 30,000円

これを合計すると、109万5千円です。
L型キッチンは、基本的に高級グレードが多いですね。
低グレードで探せば、80万円ぐらいで抑えることもできますよ。

スポンサードリンク

まとめ

L型キッチンは、角にデッドスペースができます。
なので、機能性を考えたキッチンがお薦めです。
実際に、ショールームで実物を確認しましょう。

あえて、間取りを変えて、対面型に変えてもいいですね。
こちらは、壁付けから対面キッチンの施工例です。
>>> 間取り変更で狭いキッチンが使いやすくなる

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ