間取り変更で狭いキッチンが使いやすくなる【壁付けI型から対面キッチンに】

狭くて使いにくいキッチンは、本当に嫌です。
使いにくいキッチンだと料理する気も失せますよね。
だから当然、料理が上達することもありません。
使いづらいキッチンは、人によって違います。

  • スッキリと何も道具が見えないキッチンが好きな人
  • 道具をすぐに手に取れる環境をつくる人

居心地が良いかどうかも、キッチン空間には大事です。
ただし、基本的に使いやすい間取りには共通点があります。
それは作業導線が効率化されていることです。

なので結論をいえば、最初の配置で使い勝手の良さが決まります。
使いづらい間取りだと、どれだけ試行錯誤しても限界があります。
「なぜ、その間取りなの?」と無性に苛立ちを覚えます。

では、今回はよくある壁付I型から対面キッチンの施工例を紹介します。

スポンサードリンク

壁付けI型キッチンから対面キッチンの施工例

Before

戸建でもマンションでもよくある配置です。
縦長のLDKで、キッチンは壁付に設置されています。
キッチンで大事な作業導線は、

  • キッチン本体
  • 冷蔵庫
  • 家電収納庫
  • 食器棚

見た感じ、作業導線はすごく遠い訳じゃありません。
しかし、食器棚がとても遠い場所にありますね。
では、実際使いづらいかどうか?
もう少し近くに立ってみましょう。

コンロ前の家電棚が邪魔ですね。
横には冷蔵庫、食器棚、リビング収納・・・。
と、横に並べるのは少し限界。

イメージ図だとまだ余裕がありますが、
生活してると荷物はもっと増えますよね。
この間取りを作業導線良くしてみましょう。

After

壁付けキッチンを対面型にしてみました!
冷蔵庫、家電収納を背面に移動させることで、
作業動線が劇的に良くなっています。

問題は、この間取りにできるかどうか?
マンションの場合だと、大きな制限を受けます。
それが、

  • 給水給湯配管が移動できるか?
  • ガス配管が移動できるか?
  • 換気扇ダクトを延長できるか?

全く工事が不可能の場合もあれば、
壁を作るので部屋が狭くなる・・・
という条件なら工事可能の場合もあります。
工事可能かどうかは、専門家に相談してみましょう。

では、もっと近くから見てみますね。

作業導線が近くなった分、面倒な移動が減りますね。
スッキリした間取りで、必然的に部屋が綺麗に見えます。
では、キッチンに立った視点はどうでしょう?

リビングの風景もよく見えますね。
お子様がいる場合、対面キッチンは大きなメリット。
お子様の様子を見ながら料理ができますよ。

スポンサードリンク

まとめ

最後にリビングから見た視点です。
beforeとafterを一緒にみてみましょう。

Before

After

昔の間取りは、対面キッチンはあまりありませんからね。
対面キッチンにするだけで、悩みが解消ってこともありますよ。

PS. 間取り変更のリフォームは難易度が高いです。
業者がこちらの意図をわかってくれない、というのは頻繁にあります。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法


スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ