ベランダのウッドパネル張り費用は?【DIY or 業者】

ウッドパネル張り、費用はどれくらい?

こんにちは、永山です。
リフォーム業歴は12年で、これまで800件以上の現場を経験してきました。

これからお話しするのは、

  • ベランダの雰囲気をよくしたい
  • 簡単にできるウッドパネルが良いらしいけど?

といった「ウッドパネル張り費用」についてです。
ホームセンターでも買えるウッドパネルは人気がありますね。

まず前提として、工務店よって見積もり金額は違うのだけ覚えておいてください。
商品の仕入れ値や人件費、会社の利益率も変わるので当然といえば当然です。

ですが僕自身リフォーム経営、営業経験の中で商社やメーカー、業界内の知り合いも多いので、ここでの話は実際それほど誤差はないと思います。

では結論をいうと、ウッドパネルは業者に依頼すれば4万~12万円ぐらいします。
もちろん、DIYなら商品代の2~3万前後ぐらいですけどね。

それでは、具体的にお話ししていきます。

ウッドパネルは業者に依頼すべきか

正直、ウッドパネルを張る作業はそれほど難しくありません。
簡単にパネルを接続できますし、際の部分も丁寧にカットすれば良いだけ。

ですが、実際にやればわかりますが作業自体は面倒です。
少し複雑な形状であれば、際の部分にも時間がかかりますしね。
あとは、業者が使うウッドパネルは商品の質も高いです。

結果として、見た目や際の部分でクオリティの差がでます。
なので、見積もりして予算内であれば業者に依頼するのもアリですよ。
(人件費の差が大きいので相見積もりは必須)

ウッドパネル張りの工事イメージ

Before

ベランダ,FRP防水

よくあるFRP防水のベランダです。
わかりやすいよう広いベランダにしてますが、狭くても工事方法は一緒ですね。

ウッドパネル

ベランダ,ウッドパネル

ウッドパネルを張るとこんな感じです。
木のぬくもりやナチュラルな雰囲気が感じられます。
メリットとして耐久性があるので、ベランダ自体の劣化は軽減されますね。

タイルデッキ

タイルデッキ,TOTOバーセア,茶色

他にもタイル柄のデッキ材もあります。
人気があるのは「TOTO バーセア」ですね。

市販品に比べて、商品の品質高く水はけが良い構造です。
水はけが悪いとベランダの表面が腐食しますからね。
長い目でみると、見た目以上に商品の品質は重要ですよ。

タイルデッキ,TOTOバーセア,グレー

色がグレーだとこんな感じです。
狭いベランダであれば、シンプルな色のほうがスッキリしそうですね。

ウッドパネル張り、工事の流れ

  • 墨出し(張る位置を確認)
  • パネル張り
  • 際部分のカット、接続

という流れです。

狭いベランダなら1日で完成します。
広かったりバリアフリー施工をするなら2日ぐらいはかかります。
(バリアフリー施工はベース材を下に敷き詰めて調整します)

ウッドパネル張り、見積もり費用

ウッドパネル張りの見積もりはこんな感じです。
3㎡ぐらいの広さの場合ですね。

項目 詳細 金額
材料代 ウッドパネル 12,000円
外構工事 ウッドパネル張り 25,000円
諸経費 交通費、駐車場代、残材処分など 8,000円

これを合計すると、4万5千円です。
バリアフリーで床上げ施工をすると、時間や材料代もかかるので高くなります。

張る平米数が多ければ単純に費用は増えていきます。
倍の6㎡なら、合計8万円ぐらいはかかります。

永山
永山
安くしたいなら「依頼する業者選び」が一番重要です

まとめ

最後にまとめると、

  • ウッドパネル張りの費用は、4万~10万円ぐらい
  • 工事期間は、1日~2日で完成
  • ウッドパネルを張る面積で金額も変わってくる

という感じです。

ウッドパネルはバリアフリー施工をすることで、利便性もあがります。
そうなると業者に依頼するのが一般的ですね。
ウッドパネルを張る業者は絶対数が少ないので、業者選びが大事です。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ

【期間限定】電子書籍プレゼントキャンペーン!
ご案内はコチラ
【期間限定】電子書籍プレゼントキャンペーン!
ご案内はコチラ