ボルタリングを自宅につくりたい!費用はどれくらい?

ボルタリング,自宅

子供が自由に遊んでくれると、親はとても楽です。
だからボルタリングをつくる、といっても危ないので、
結局子供から目を離せなくて大変ですね。

余談はさておき、ボルタリングを自宅につくる場合、
費用はどれくらいでしょうか?

ボルタリングのホールドを壁に固定するには、
強い下地が必要です。

最初からそんな下地がある、なんてことはないので、
強度のある下地費用がかかります。

では、具体的な施工例をみていきましょう!

スポンサードリンク

ボルタリング部屋の工事内容

Before

リビング

今回ボルタリングをつくるのは、
このリビングの壁です。

子供が遊ぶから、子供部屋・・
と考えたんですが、一人で遊ばせると危ないですからね。

取付するホールドは、板壁用です。
この商品は、下地に25mm~30mmの板材を使用しなければいけません。
では、ボルタリングをつくってみましょう。

After(ブルー・青色)

ボルタリング,自宅,青色,ブルー

濃い青色で、カッコ良い空間になりました。
元気な男の子に合いそうですね。

ボルタリング,自宅,青色,ブルー,ジョイントマット

ジョイントマットは、青系で合わせてみました。
ヤンチャな男の子に育ちそうなボルタリングです。

After(グリーン・青色)

爽やかな緑色です、男の子にも女の子にも合いそうです。

ボルタリング,自宅,緑色,グリーン,ジョイントマット

ジョイントマットは同じ緑系で合わせます。
ポップな空間で、賑やかに子供が遊ぶ姿が想像できますね。

After(ブラウン・青色)

部屋のインテリアにも合わせやすい茶色です。
ポップな印象をできるだけ少なくしてみました。

グレーのジョイントマットで、落ち着いた印象になります。

ボルタリング工事、お見積り

項目 詳細 金額
養生費 養生テープ、エコフルボード 5,000円
材木代 合板30mm 95,000円
商品代 ボルタリングホールド、ジョイントマット 12,000円
大工工事 コンパネ下地張り、ホールド取付 50,000円
内装工事 クロス張り 35,000円
諸経費 交通費、駐車場代、残材など 15,000円

これを合計すると、21万円です。

まとめ

ボルタリングを自宅でつくる場合、
費用がかかるのは、ホールドを固定する下地です。
下地をしっかり作るには、DIYより大工さんのほうが安心。

これぐらいの規模なら、それほど難しい工事ではないので、
近くの工務店、リフォーム屋さんに相談してみましょう!

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ