シューズクロークのリフォーム、費用はどれくらい?

  • 下駄箱に靴が入りきらない
  • 季節モノや大きい荷物を玄関に置ければ・・

家族が多ければ、玄関にモノが溢れるのは普通ですよね。
ですが、収納しやすいシューズクロークがあれば、荷物もかなりスッキリします。

では、シューズクロークの費用はどれくらいか?
結論をいえば、20万円以上はかかります。
もちろん、家の間取りや構造で金額も違うんですけどね。

それでは、具体的なお話しをしていきます。

スポンサードリンク

シューズクロークのリフォーム、工事内容

Before(工事前)

玄関

玄関には下駄箱しかない、普通の玄関です。
玄関の横には、6畳の和室があります。(あとで間取り図で説明します)
客間として使ってますが、使用頻度は減りました。

なので、和室を小さくして、シューズクロークをつくります。

After(工事後)

玄関,シューズクローク,洞穴入口

入口はドアをつけず、ちょっとオシャレに洞穴風の開口にしてみました。
玄関入って、すぐにシューズクロークがあると便利ですよ。

シューズクローク,可動棚,ハンガーパイプ

シューズクロークの中は、こんな感じです。
右には、上段に棚とポール
左には、可動棚を並べてみました。
靴の高さに合わせて、棚の位置を動かせます。

モノが置いてないと、イメージしにくいですね。

シューズクローク,可動棚,ハンガーパイプ,ブーツ,アウター

  • 右側(上):洋服やボストンバック
  • 右側(下):季節モノの旅行カバンやクーラーボックス
  • 左側   :スニーカー、ブーツなど背の低いモノ

という感じで、使用頻度も考えて、モノを整理しています。
次は、上から間取り図でみていきます。

Before(工事前)

シューズクローク,工事前,間取り

After(工事後)

シューズクローク,工事後,間取り

間取り図を見比べてみてください。
基本的には、和室を改装してシューズクロークをつくっています。
なので、玄関には入口をつくるだけなんですよね。

玄関に収納をつくる場合は、「全体の空間をどう使うか」がポイントです。

シューズクロークリフォーム、見積もり費用

今回のシューズクローク工事、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
養生費 養生テープ、エコフルボード 12,000円
解体工事 壁解体 50,000円
材木費 野材、合板など 38,000円
商品代 可動棚、ハンガーパイプ 52,000円
収納開き戸、和室化粧材 45,000円
大工工事 壁床下地造作 90,000円
化粧材仕上げ、器具取付 50,000円
左官工事 土間左官補修 32,000円
タイル工事 一部タイル張り 40,000円
電気工事 照明、コンセント配線 30,000円
内装工事 クロス張り 85,000円
畳工事 畳新調4畳半 45,000円
廃材処分費 解体廃材、畳処分、運搬など 40,000円
諸経費 交通費、駐車場代など 25,000円

これを合計すると、58万4千円です。

間取りで工事内容が変わるので、当然金額も大きく変わってきます。
少なくとも、間取りを変えれば20万円以上かかるケースがほとんどです。
予算を抑えるなら、収納力のある玄関収納に変えても良いですね。

間取り変更は、正直いうと業者とのトラブルが多いです。
相見積もりは必須で、無知な業者には依頼しては駄目ですよ。

まとめ

最後にまとめると、

  • シューズクローク工事の費用は、20万円以上はかかる
  • 間取りによって工事内容、金額が大きく変わる

という感じです。

今回は一戸建てのケースでしたが、マンションでもシューズクロークはつくれます。
間取り変更はイメージがしにくいので、専門家に相談するのが良いですよ。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




スポンサードリンク

このページの先頭へ