カーテンボックスの取り付け、費用はどれくらい?

カーテンボックスの取り付け、費用はどれくらい?
  • カーテンレールのアルミ部分が嫌
  • カーテンボックスをつけて、部屋の雰囲気を良くしたい
  • 隙間からの光を少しでも減らしたい

カーテンボックスは見た目だけでなく、機能面でも実は役立ちます。
では、カーテンボックス取り付け費用はどれくらいか?

結論をいうと、2万~4万円ぐらいはします。
もちろん、カーテンボックスの長さでも若干金額は違いますけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。

スポンサードリンク

カーテンボックス取り付けのイメージ

Before

窓装飾,取り付け前

まずは、カーテンボックス取り付けのイメージをみていきます。
カーテンレールや装飾は何もついてない状態です。

After

カーテンボックス,茶色

カーテンボックスをつけるとこんな感じです。
家具の木目に合わせて、茶系のカーテンボックスにしました。
統一感がでるので、部屋も落ち着いた雰囲気になります。

カーテンボックス,白色

ちなみに白色にするとこんな感じ。
シンプルなので、カーテンの色目を活かす効果がありますね。

カーテンボックス

機能面でいうと、上からの光の漏れがなくなります。
そして、カーテンと壁の空間を遮断できるので、暖房の効きもよくなります。
大半が窓から熱が逃げていきますからね。
もちろん、夏場のエアコンの省エネ効果もありますよ。

スポンサードリンク

カーテンボックス取り付け、見積もり費用

カーテンボックスの見積もりはこんな感じです。
1ヵ所取り付けする場合ですね。

項目 詳細 金額
商品代 カーテンボックス 15,000円
大工工事 カーテンボックス取り付け 10,000円
諸経費 交通費、駐車場代など 2,000円

これを合計すると、2万7千円です。

取り付け費は、業者によって結構違いますね。
取り付け自体は1時間程度なので、良心的な業者だと安く設置してくれます。

正直、電動ドライバーを持ってれば誰でも取り付けできます。
下地の強度だけは確認が必要ですけどね。

まとめ

最後にまとめると、

  • カーテンボックスの費用は、2万~4万円ぐらい
  • 工事期間は、半日あれば完成
  • 人件費で、見積もり金額も大きく変わる

という感じです。

カーテンボックス自体はそれほど高い商品ではありません。
なので、取り付け業者の人件費で金額も大きく左右されます。
良心的な業者を見つけれるかが鍵ですね。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ

知識がある専門家に頼めば良い、というのは大きな間違いでした。
3ヵ月でクビ宣告・・、失敗から得た「業者選びのコツ」とは?
知識がある専門家に頼めば良い、というのは間違いでした。
3ヵ月でクビ宣告・・、失敗から得た「業者選びのコツ」とは?