永山
永山
こんにちは、永山です!

僕はこれまでリフォーム業歴12年で、800件以上の現場を経験してきました。特に間取り変更があるような全面リフォームを得意としています。「洗面台を100台以上は販売した経験もある」ので、エリーナの率直な意見をお話しします。(ちなみに、微妙な部分も正直に書いています)

まず、この記事を読んでるということは、

タカラスタンダード、エリーナの口コミって実際どうなの?安心して選んでいいの?」

という疑問があると思います。ネットで検索すると苦情やトラブルといった悪い口コミ(悪評)もありますしね。

まず大前提として商品を良い悪いの二択では評価できないという事実があります。どれだけ有名な商品でも「Aさんは絶賛してるけど、Bさんには微妙・・」というのはよくある話ですよね。

例えば、食べログで4点と評判の良いイタリアンのお店に行っても「パスタがあまり美味しくなかった」と感じることがあるように、

洗面化粧台も「使う人のタイプ(朝の支度で使うのか、化粧をするのか、髪を洗うのか)、家族構成(何人で使うのか)、掃除の頻度、設置場所(洗面所の広さ・1階or2階)、予算」によって評価が変わる訳ですね。

ですが現実問題として、自分と同じ人間は存在しないので、あらゆる洗面台の評判や口コミは参考材料の一要素でしか使えません。つまり評判が良い洗面台を選んだとしても、

永山
永山
お客さんによって満足度は違うよ

ということ。

なので、この記事にエリーナの口コミを掲載してますが、洗面台を選ぶときは他人の口コミを鵜呑みにせず「自分自身の基準(価値観や利便性)」で良い悪いを判断してください。

具体的には、

  1. 洗面台を選ぶ基準を明確にする
  2. 複数のメーカー、洗面台を比較する
  3. 消去法で自分に合った洗面台を選ぶ

といった感じですね。(リフォーム業者の選び方は、また後でお話しします)

では早速、「エリーナを選ぶべきか」という疑問について。僕個人の意見は、

永山
永山
収納量抜群で、見た目も美しい洗面台

なので「最高級の洗面台が欲しい人」には最有力の一つだと断言できます。

逆にいうと「とりあえず安い洗面台が欲しい!」という予算最優先の人には不向きかなと。その理由も含めて、まずはエリーナの特徴から順番にお話しします。




エリーナの特徴|メリット

タカラスタンダードエリーナのメリット

エリーナ評判口コミ
(出典:タカラスタンダード)

エリーナはタカラスタンダードの高級グレードの洗面台として発売。エリーナは一般的な木製キャビネットではなく、「高品位ホーロー」をキャビネット(収納内部・扉)に使ってるので、掃除がしやすいだけでなく、経年劣化が少ないのが特徴です。

特に「経年劣化が少なく、長持ちする」のは地味に素晴らしく、

永山
永山
20年前の洗面台なのに扉も外れてない。古い洗面台と思えない・・

というご自宅を、僕は仕事柄、数十件は見てきました。なので長期視点で考えると、高品位ホーローを使ったエリーナは非常に良い洗面台だと断言できます。(ちなみに僕の実家もタカラの洗面台、20年ぐらい使ってます)

そして一番魅力的なのは、質の高い「人造大理石カウンター」。クオーツ(水晶)が混ぜてあるので見た目の美しさだけでなく、傷がつきにくく掃除もしやすい。洗面ボウルは3つのプランがあり、

  • センターボウルプラン
  • 片寄せボウルプラン
  • ツインボウルプラン

があります。家の状況、好みに合わせて選べます。

さらにカウンターは、機能性が高い「ハイバックカウンター」・見た目の高級感がある「フラットカウンター」と用意。カウンターに合わせて、タッチレス水栓やサーモスタット水栓、シャワー水栓などメタル調で高級感ある水栓を選びます。排水口は「フランジレス排水口」なので、汚れが溜まりにくいのでお手入れも簡単です。

鏡には顔全体を均等に照らす「フェイスクリアミラー」や、縁の少ない「スタイリッシュ三面鏡」などが人気。ベースキャビネットは55センチと深い奥行きなので、通常の45センチ型と比べて「約1.4倍の収納量」があります。まさにタカラの技術が集結した洗面台といえます。

なので・・、

永山
永山
最高級の洗面台を選ぶならエリーナしかあり得ない

と即決する人も多いです。

ですがエリーナは機能性・デザイン性ともに最高級の洗面台。オプションを追加すると定価が上がるので、割引率も重要になってきます。エリーナが欲しいけど「安くしたい!」という人は、業者選びにも注意してください。

【参考】タカラ「エリーナ」の値引き率は?【25%OFFでも高額になる理由】




エリーナのデメリット

タカラスタンダードエリーナのデメリット

エリーナは機能性とデザイン性が高いゆえに、値段もかなりの価格設定。タカラは他メーカーに比べて割引率が悪いので、オプションをつけるほど金額が高くなります。なので、

永山
永山
予算がない人にはエリーナは厳しいかなと。キッチンやお風呂ならまだしも、洗面台に予算を使える人は限られてるので。

あとは高級グレードには珍しく、洗面台のサイズが750と900しかないのも欠点。家の洗面台サイズが900以上の場合は、サイドキャビネットを置くパターンになるので、デメリットに感じる人もいますね。

エリーナでの補助金、助成金

タカラスタンダードエリーナの補助金,助成金

水回り設備の交換は、「リフォーム補助金の対象になることが多い」です。例えばトイレ、お風呂に手すりを設置する。洗面所の段差をなくすなど、バリアフリー設計にすると「介護保険の補助金」。キッチンを節水水栓にする、給湯器をエコジョーズに交換することで「省エネ関連のリフォーム補助金」をもらえる可能性もあります。

市町村独自の補助金があるので、依頼する業者に相談してみてください。そして国が実施する2024年のリフォーム補助金も確認しておきましょう。

2024年のリフォーム補助金(助成金)

知っておきたい、リフォーム補助金は大きく分けてこの3つです。

  • 住宅省エネ2024キャンペーン
  • 介護保険リフォーム
  • 長期優良住宅化リフォーム推進事業

住宅省エネキャンペーンは「予算上限が決まってる」ので注意してください。では順番に解説します。

内容は簡潔に書いてます。重要なのは具体的に知ることではなく、全体の概要を理解すること。補助金の存在だけ知っていれば、あとは依頼する業者に任せるほうがスムーズに申請できます。

住宅省エネ2024キャンペーン

住宅省エネ2024キャンペーンは具体的に4つの制度に分かれています。

子育て支援事業 既存住宅の省エネ改修 上限30万/戸
窓リノベ事業 高断熱性能の窓を設置 上限200万/戸
給湯器エネ事業 高効率給湯器の導入 8万~18万/台
賃貸給湯器エネ事業 高効率給湯器の導入 5万~7万/台

名前の通り「省エネリフォーム」をすると補助金の対象になります。具体的には、

  • 断熱リフォーム(断熱窓、断熱材など)
  • 省エネ給湯器交換(エコジョーズ、エコキュート、エネファームなど)

などを工事すれば良いです。「給湯器や窓交換だけでも申請できる」ので、使いやすい補助金ですね。そして窓リノベ事業は最大200万まで補助されるので、全面リノベーションする人はさらにお得に工事できます。

住宅省エネ補助金の申請は「施工業者が行う」ので、依頼する業者さんと相談しながらリフォーム内容を決めるのがお薦めです。

介護保険リフォーム

介護保険リフォームは「高齢者・障がいのある方」を対象にした補助金です。自己負担が少ないお得な補助金ですが、知らない方もいるので紹介しておきますね。

  • 上限額:住宅改修費限度額20万円から、自己負担1~3割を除いた金額(最大18万円)
  • 受給対象者:「要介護」もしくは「要支援」認定を受けてること
  • 補助金給付方法:基本は工事完了後に保険金が給付される

事前の申請は基本的に「ケアマネージャーによるケアプラン作成」が必要です。申請が許可されないと工事着工できないので注意。保険工事の内容は「手すり設置・段差解消・扉交換・トイレ交換(和式から様式)・その他不随する工事」が対象ですが、詳しくは市町村の介護保険制度を確認してくださいね。

長期優良住宅化リフォーム推進事業

この補助金は国、国土交通省が実施してる補助金です。

リフォーム内容によって「最大100万か最大200万」の補助金を受けられるので、フルリフォームを検討してるなら使わない手はないです。具体的には以下のとおり。

  • 長期優良住宅認定の基準を満たすと、最大200万円
  • 一定の性能確保を満たすと、最大100万円

ただし注意点として「事前に事業者から申請」する必要があります。(補助金の申請実績が多い住友不動産なら安心ですが、変な会社に依頼すると申請漏れなどのリスクもあります)

補助金を受ける条件には、

  1. インスペクション(現況調査)の実施
  2. リフォーム後に一定性能基準を満たすこと
  3. リフォーム履歴と維持保全計画の作成

と3つありますが、基本的には信頼できる業者に依頼しておけば問題ありません。

ちなみに長期優良住宅に認定され一定の条件を満たすと、固定資産税の軽減措置が受けられる場合もあります。

ここで紹介した3つの補助金以外にも市町村独自で給付してもらえる補助金もあるので、必ず依頼する業者に確認しておきましょう。




エリーナの良い口コミ、評判

タカラスタンダードエリーナの良かった口コミ

利用者の口コミほど頼りになる情報はない」という意見もあるので、ネットにある口コミを掲載しておきます。

家族からの評判はよく、見た目がとてもいいと満足してくれています。思っていた以上に収納の容量が大きいので、BOXティッシュなども常備できています。水栓からの吐出も以前のものよりも飛び跳ねが少ないように感じます。排水の際の音もとても静かで、本当に流れているのか心配になるほどです。引用:住宅設備のトリセツ

洗面台の鏡が曇りづらくて大変助かっています。以前使っていた洗面台は歯ブラシ棚の扉を開けるのに苦労しました。取っ手がとても小さかったので濡れた手では取っ手を持ちづらく、半分開けた状態で使っていました。しかし、今のものに変えてからは扉の開け閉めが楽になり、スッキリしています。引用:住宅設備のトリセツ

色々な会社のものと比較しながら検討していました。デザイン的に気に入るものもいくつかあったのですが、名前を聞いたことの無いメーカーだったり。故障や腐食、アフターサービスも怖かったので名前の通っているタカラスタンダードのエリーナに決めました。見た目もおしゃれで使い勝手も良さそうだと思いました。価格も予算の中で納まったので、よかったです。設置して思ったことは、すごく高級感のある洗面所になり、きれいなイメージになりました。引用:住宅設備のトリセツ

エリーナの悪い口コミ、評判

タカラスタンダードの悪かった口コミ

現時点では、悪い口コミは見つかりませんでした。

エリーナの新しい口コミ、評判

まだ新しいレビューはありません

エリーナの口コミを投稿する


ネットを検索した限り、事実として良い口コミが多かったです。

口コミ自体を吟味してもあまり意味がないので、ポイントだけいうと洗面台を選ぶ基準が明確な人」は商品選びが上手くいっている、というのが僕の意見です。

選ぶ基準が曖昧な人ほど、値引き額に流されて「安かろう悪かろう」の商品を選びがち。

なので口コミに左右されず、実際に業者に相談しつつ、自分の基準(価値観)で商品を選定する意識が重要になってきます。

エリーナの評判まとめ

最後にまとめると「商品単体で良い悪いは判断できない」という前提を踏まえた上で、

  • エリーナはタカラの高級グレード商品として発売
  • 高品位ホーローを使った丈夫なベースキャビネット(収納量も通常の1.4倍)
  • クオーツ(水晶)が混ざった「人造大理石カウンター」
  • 家の状況に合わせて選べる3つの洗面ボウルプラン
  • 機能性が高い「ハイバックカウンター」、見た目の高級感がある「フラットカウンター」
  • 「タッチレス水栓・サーモスタット水栓・シャワー水栓」などメタル調で高級感ある水栓
  • 汚れが溜まりにくい「フランジレス排水口」
  • 鏡には顔全体を均等に照らす「フェイスクリアミラー」や、縁の少ない「スタイリッシュ三面鏡」

という特徴は「最高級の洗面台が欲しい人」と相性が良いです。なので「限界まで安く抑えたい!」という予算重視の人でなければ、エリーナはお薦めの商品です。

あとはショールームで実物に触れて、実際に体感した印象から自分の基準で洗面台を選ぶのが大切です。

1年で70000回以上読まれてる記事です

安くリフォームする方法とは?

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。この前提を間違っている人が意外と多いです。

リフォーム業歴12年でわかった、見積もり金額を30%OFFにする方法

リフォームで失敗するパターンとは?

「家が綺麗になって快適、リフォームして良かった!」という声はよく耳にしますが、リフォームで失敗した理由を分析した、という記事が少なかったので書いてみました。

リフォームで失敗するパターンとは?800件以上の工事を経験した結果