フロアタイルのリフォーム、費用はどれくらい?

フロアタイルリフォーム、費用はどれくらい?

こんにちは、永山です。
リフォーム業歴は12年で、これまで800件以上の現場を経験してきました。

これからお話しするのは、

  • 床が劣化してボロボロ
  • フローリングより予算を抑えて綺麗にしたい
  • クッションフロアより高級感のある材料にしたい

といった場合の「フロアタイルのリフォーム費用」についてです。

まず前提として、工務店よって見積もり金額は違うのだけ覚えておいてください。
商品の仕入れ値や人件費、会社の利益率も変わるので当然といえば当然です。

ですが僕自身リフォーム経営、営業経験の中で商社やメーカー、業界内の知り合いも多いので、ここでの話は実際それほど誤差はないと思います。

では結論をいうと、フロアタイル6畳上張りなら5万~8万円ぐらいします。
もちろん、フロアタイルのグレードや張る量でも金額は変わりますけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。

フロアタイルリフォーム、工事内容

Before

ウッドタイル

ここから、フロアタイルを張っていきます。
下地の状況だけ、しっかりと確認します。

After

フロアタイル,ベージュ

フロアタイルだと、正方形の石目調が人気です。
意外と高級感がありますね。

フロアタイル,茶色

濃い色にすると、こんな感じ。
よりモダンな空間になります。

フロアタイル,大理石

大理石調になると、雰囲気もでますね。

ウッドタイル

ウッドタイル

次は、ウッドタイルです。
見た目はフローリングと変わらないので、賃貸によく張ってますね。
クッションフロアより高級感がでますよ。

フロアタイルリフォーム、工事期間

  • 上張り
  • 張り替え

2パターンで工事方法も少し違います。

予算を抑えたかったり、下地が悪そうな場合は上張り。
建具の扉と干渉する場合であれば、張り替えるしかありません。

フロアタイル張り替えの場合

  1. 下地の確認
  2. フロアタイル張り

という流れです。

下地に問題がなければ、めくる手間がないので早いです。
ただし2mmぐらい高くなるので、扉と当たらないか注意ですね。

6畳なら工事期間は、半日で完成です。

フロアタイル張り替えの場合

  1. 既存フロアタイル撤去
  2. ボンドはがし
  3. パテ処理
  4. フロアタイル張り

という流れです。

撤去した後の、ボンドをはがす作業が結構大変です。
完全にとるのは難しいので、ひどい箇所はパテを塗ります。

綺麗に張るには、下地の状況が大事です。
クッションフロアに比べると、下地は拾いにくいんですけどね。

6畳ぐらいであれば、工事期間は1日あれば完成です。

フロアタイルリフォーム、見積もり費用

フロアタイルリフォーム、見積もりはこんな感じです。
6畳の上張りのイメージですね。

項目 詳細 金額
商品代 フロアタイル 25,000円
内装工事 フロアタイル上張り 30,000円
諸経費 交通費、駐車場代、残材処分など 10,000円

これを合計すると、6万5千円です。
予算が厳しければ、クッションフロアのほうが若干安くなりますね。

永山
永山
安くしたいなら「依頼する業者選び」が一番重要です

まとめ

最後にまとめると、

  • フロアタイル費用は、上張り6畳なら5万~8万円ぐらい
  • 工事期間は、半日~1日ぐらいで完成
  • 上張り張り替えかで、金額も変わってくる

という感じです。

あとフロアタイルの欠点としては、足裏が少し冷たく感じます。
お子さんがいる家庭なら、フローリングが良いかもしれませんね。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ

【期間限定】電子書籍プレゼントキャンペーン!
見積もり金額を30%OFFにする方法