天窓を撤去する費用は?【屋根の部分的な補修ができるか】

天窓の撤去、費用はどれくらい?

こんにちは、永山です。
リフォーム業歴は12年で、これまで800件以上の現場を経験してきました。

これからお話しするのは、

  • 天窓が老朽化してるので撤去したい
  • 雨漏れしたら嫌なので、天窓を無くそう
  • 天窓を撤去する費用は高いのかな

といった「天窓の撤去費用」についてです。

まず前提として、工務店よって見積もり金額は違うのだけ覚えておいてください。
商品の仕入れ値や人件費、会社の利益率も変わるので当然といえば当然です。

ですが僕自身リフォーム経営、営業経験の中で商社やメーカー、業界内の知り合いも多いので、ここでの話は実際それほど誤差はないと思います。

では結論をいうと、天窓の撤去は12万~20万円ぐらいします。
もちろん、屋根を部分的に直せるかや室内の状況で金額は変わりますけどね。

それでは、具体的にお話ししていきます。

天窓撤去の注意点

天窓を撤去するには、

  • 屋根の補修工事
  • 室内の補修工事

の2点が必要になります。
金額が大きく左右されるのは屋根の補修です。

屋根の材料にもよりますが、同じ屋根材で補修しないと綺麗に直せません。
昔の屋根材だと生産中止の可能性が高いので、全面的な屋根の葺き替えが必要です。
部分的に板金補修できなくもないですが、コーキングの劣化で雨漏れの原因にもなります。

天窓の撤去、工事イメージ

Before

天窓,雨漏れ,壁紙クロス張り替え

天窓を撤去するイメージをみていきます。
室内は天窓のお陰で太陽の光も入ります。
ですがその反面、天窓の劣化で雨漏れのリスクもあります。

天窓トップライト,コーキング打ち替え

屋根が瓦なのか、カラーベストなのか、アスファルトシングルなのか。
材料でも多少金額は変わるので注意が必要です。

After

天窓を撤去したあとの室内のイメージです。
最初は違和感を感じるかもしれませんが、自然に天窓がない状態に慣れてきます。

天窓,撤去後,屋根補修

屋根を全面張り替えると、跡形なく綺麗になります。
ですが部分的な補修の場合は、周りと補修箇所で色が変わってきます。

天窓の撤去、見積もり費用

天窓の撤去、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
材料代 野材、べニア、石膏ボード 5,000円
大工工事 天窓撤去、下地組み 50,000円
屋根工事 防水ルーフィング、屋根部分張り 50,000円
内装工事 天井クロス張り替え 25,000円
諸経費 交通費、駐車場代、廃材処分費など 15,000円

これを合計すると、14万5千円です。

金額が大きく左右されるのは屋根の部分です。
屋根勾配が強ければ、専用の足場も必要になってきます。

永山
永山
安くしたいなら「依頼する業者選び」が一番重要です

まとめ

最後にまとめると、

  • 天窓の撤去費用は、12万~20万円ぐらい
  • 屋根補修が可能かで金額が大きく変わる

という感じです。

天窓の撤去は、見た目以上に工事は大変です。
業者によって提案内容も違うので、複数の業者に相談しましょう。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

予算を抑える、安くリフォームする3つの方法


このページの先頭へ

【期間限定】電子書籍プレゼントキャンペーン!
ご案内はコチラ
【期間限定】電子書籍プレゼントキャンペーン!
ご案内はコチラ