出窓の取り付け、費用はどれくらい?

出窓リフォーム、費用はどれくらい?
  • 狭く感じるので、普通の窓を出窓にしたい
  • 出窓にして、部屋を明るくしたい

こんな感じで、出窓にする効果は大きいですね。
では、出窓の取り付け費用はどれくらいか?

結論をいうと、20万~30万円ぐらいはします。
とはいえ、出窓のサイズや家の状況で変わりますけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。

スポンサードリンク

出窓の取り付け、工事内容

Before

腰窓

普通の腰窓です。
ここを出窓に変えていきます。

After

出窓

出窓に変えるとこんな感じです。
出窓にすることで、少し小物を置くこともできますね。
窓面積が増えることで、「部屋が明るくなる」のもメリットです。

ですが出窓交換は、窓枠を変えるときに外と中の壁補修が必要です。
なので窓交換以外にも、必要な経費がかかってくるんですね。
(経験値の多い業者であれば、予算を抑えた提案をしてくれます)

スポンサードリンク

出窓の取り付け、見積もり費用

出窓取り付けの見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
材木代 野材、石膏ボード、ラスカットなど 5,000円
商品代 LIXIL 出窓 110,000円
大工工事 階段手すり取り付け 50,000円
左官工事 外部左官補修 15,000円
塗装工事 外部塗装補修 15,000円
内装工事 内部クロス張り替え 15,000円
諸経費 交通費、駐車場代、残材処分 20,000円

これを合計すると、23万円です。

家の状況によっては、補修の方法が変わります。

まとめ

最後にまとめると、

  • 出窓取り付けの費用は、20万~30万円ぐらい
  • 工事期間は、2日~3日あれば完成
  • 家の構造や仕様で、補修方法が変わる

という感じです。

窓の交換は、基本的には内部と外部の補修が必要です。
状況によってはカバー工法などで予算を抑えることもできます。
なので、出窓交換に慣れている業者に見積もり依頼をしましょう。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ