階段手すりを取り付け、費用はどれくらい?

階段手すりを取り付け、費用はどれくらい?
  • 階段に手すりがないから取り付けしてほしい
  • 古くなってガタついてるので手すりを交換したい

家の事故で多いのが階段からの転倒。
安心して暮らすには、手すりの設置は重要です。
では、階段手すり取り付けの費用はどれくらいか?

結論をいうと、4万~8万円ぐらいはします。
といっても、階段の形状や長さで金額も違いますけどね。

それでは、具体的にお話しをしていきます。

スポンサードリンク

階段手すり取り付け、工事内容

Before

階段

手すりのついてない階段です。
古い家だと、手すりが最初からついてない家もありますね。

After

階段手すり取り付け

こちらが手すりをつけたイメージ。
(イメージなので、ブラケット金具までは表現できてません)

手すりの金具は、基本的には間柱にビスで固定します。
下地の弱い箇所に固定すると、強度がなく手すりが外れますからね。

ですが、都合の良い位置に間柱がある可能性は低いんですよ。
なので壁をめくって「下地補強」をしたうえで、手すりを取り付けします。
するとクロスの張り替えが必要なので、費用も高くなるんですよね。

そこで、予算を抑える方法として「リフォーム用ベース材」を下地として使用します。

階段手すり取り付け,ベース材,リフォーム用

ベース材を使うとこんな感じですね。
(イメージなので、ブラケット金具までは表現できてません)

ベース材であれば、間柱の位置にビスで固定できます。
なのでクロスの張り替えがいらず、結果的に予算を抑えれますよ。

スポンサードリンク

階段手すり取り付け、見積もり費用

階段手すり取り付けの見積もりはこんな感じです。
ベース材を使用した場合ですね。

項目 詳細 金額
商品代 手すり、ベース材、金具 15,000円
大工工事 階段手すり取り付け 30,000円
諸経費 交通費、駐車場代、残材処分 10,000円

これを合計すると、5万5千円です。

曲り階段などになると、必要部材も増えるので金額が高くなります。

まとめ

最後にまとめると、

  • 階段手すりの費用は、4万~8万円ぐらい
  • 工事期間は、1日あれば完成
  • 必要部材の量で、見積もり金額も大きく変わる

という感じです。

階段手すりは下地の強度が本当に重要です。
質の悪い業者だと、薄いべニアの上でも取り付けするケースがあります。
(何年かは強度がもつので、トラブルになるのは数年先の話)
なので当然ですが、信頼できる業者に依頼するのが大切ですよ。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ