カップボード(食器棚)の設置、費用はどれくらい?

カップボードの設置、費用はどれくらい?
  • 古い食器棚を使ってて使いにくい
  • 使いやすい機能的な食器棚に変えたい

料理する人にとって、カップボードの質は重要ですよね。
では、カップボード設置の費用はどれくらいか?

結論をいうと、市販品だと2万円ぐらい。
メーカー商品だと、5万円ぐらいは最低でもかかります。

もちろん、カップボードのサイズ、グレードで金額も変わってきます。

それでは、具体的にお話しをしていきます。


スポンサードリンク

市販品とメーカー品の違い

  • 市販品 → 置き型
  • メーカー品 → 固定型

一概に言えませんが、市販品とメーカー品では置き型か固定型かの違いがあります。
市販品の多くは置き型で、購入すればそのまま床に置いて使えます。
ですがキッチンメーカーのカップボードは、壁にビス固定がほとんどですね。

なので、壁に下地補強する工事が必要になります。
メーカー品は商品代も高いですが、取り付け施工費がプラスでかかってきます。
商品自体も金額が高い分、市販品より性能が高いケースが多いですね。

具体的にいうと、扉の面材がシートで巻き込まれていて、めくれにくい。
引き出しのレールや扉の丁番が壊れにくい。耐震ラッチが付いてる、とかですね。

カップボードの設置、工事内容

Before

食器棚

ではカップボードを交換していきます。
これは古い食器棚で、見た目もダサいし扉もガタついています。

After

カップボード全面

新しいカップボードに交換しました。
食器棚はトールタイプで、家電収納も一体になっていますね。

家電収納の下台はキャスター付きで前方に引き出しできます。
サイズは幅120センチで、3人~4人家族なら丁度良い大きさですね。

カップボード下台

こちらは下台だけのベースキャビネットタイプ
独身の方や2人住まいなら、このタイプでも良いですね。

下台だけなので、壁固定の必要性もそれほどありません。
(もちろん、壁に固定するのが安心ですけどね)

カップボード,セパレート

最後は、セパレートタイプのカップボード。
上は吊り戸なので、壁の下地補強は必ず必要です。
真ん中が空いてるので、自由に物を置けるのも良いですね。

カップボードの設置、見積もり費用

カップボードの設置、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
商品代 カップボードW1200・トールタイプ 120,000円
大工工事 壁下地、カップボード取り付け 25,000円
諸経費 交通費、駐車場代 5,000円

これを合計すると、14万5千円です。

メーカー品のカップボードは、5万~20万円ぐらいと幅があります。
もちろん高級グレードだと50万円とかもありますし、取り付け費も高くなります。
(高級品だと施工リスクも高いので、メーカー施工の場合が多いです)
搬入費用がかかる場合があるので、色んな業者に見積もりするのが良いですね。

まとめ

最後にまとめると、

  • カップボードの商品代は、5万~20万円ぐらい
  • カップボードの設置費用は、2万~5万円ぐらい
  • 下地補強の有無、サイズやグレードで取り付け施工費も変わる

という感じです。

それほど質にこだわらないなら、市販品のほうが安上がりです。
メーカー品を選ぶなら、複数の業者で見積もりするのが良いですね。
カップボード単品だと割高なので、キッチン交換のタイミングがお薦めです。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法



スポンサードリンク

このページの先頭へ