玄関廊下に手すりを取り付け、費用はどれくらい?

  • 玄関に段差があるので手すりをつけたい
  • ついでに廊下にも手すりがあったら・・

年齢が経つにつれ、手すりの大切さは身にしみますよね。
手すりを使うことで、膝や腰の負担は軽減されて身体が楽になります。
では、玄関廊下の手すり取付費用はどれぐらいか?

結論をいうと、少なくとも3万~6万円ぐらいはかかります。
もちろん、手すりの長さや本数でも変わってきますけどね。

それでは、具体的なお話しをしていきます。

スポンサードリンク

玄関廊下の手すり取り付け、工事内容

玄関廊下

玄関の段差がやっぱりキツいですね。
では、手すりを取付してみましょう。

I型手すり

玄関廊下,I型手すり

玄関の段差を楽に登り降りするための、縦型のI型手すりです。
次は、さらに便利なL型手すりです。

L型手すり

玄関廊下,L型手すり

廊下を楽に歩くための、横型の手すりですね。
縦型と組み合わせて、L型手すりにしてみました。
別の角度から見ると、こんな感じです。

玄関廊下,L型手すり

いかがでしょうか?
最終的には、できるだけ手すりが多いほうが良いよね。
ということで、L型手すりのパターンで取付しました。

手すりの下地に問題がなければ、工事期間は1日あれば完成です。

玄関廊下の手すり取り付け、見積もり費用

玄関廊下の手すり取り付け、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
養生費 養生テープ、エコフルボード 5,000円
商品代 L型手すり 8,000円
大工工事 手すり取付 25,000円
諸経費 交通費、駐車場代 5,000円

これを合計すると、4万3千円です。
今回は、手すりの下地補強とクロス張替えの費用はかかりませんでした。

まとめ

最後にまとめると、

  • 玄関廊下の手すり取り付け費用は、3万~6万円ぐらい
  • 工事期間は1日あれば完成
  • 手すりの位置は、使う人によって違う

という感じです。

手すりの位置は基本的に決まってますが、便利な位置は人それぞれです。
シュミレーションしながら、取り付け位置を決めましょうね。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




スポンサードリンク

このページの先頭へ