フロートトイレの評判、口コミ。リフォーム業歴12年の意見

永山
永山
こんにちは、永山です!

僕はこれまでリフォーム業歴12年で、800件以上の現場を経験してきました。
特に間取り変更があるような全面リフォームを得意としています。
トイレ(便器)を100台以上は販売した経験もあるので、フロートトイレの率直な意見をお話しします。(ちなみに、微妙な部分も正直に書いています)

まず、この記事を読んでるということは、

「フロートトイレって実際どうなの?安心して選んでいいの?」

という疑問があると思います。ネットで検索すると苦情やトラブルといった悪い口コミ(悪評)もありますしね。

まず大前提として商品を良い悪いの二択では評価できないという事実があります。どれだけ有名な商品でも「Aさんは絶賛してるけど、Bさんには微妙・・」というのはよくある話ですよね。

例えば、食べログで4点と評判の良いイタリアンのお店に行っても「パスタがあまり美味しくなかった」と感じることがあるように、

トイレも「使う人のタイプ(トイレ空間の優先順位(居心地・機能面)、掃除の頻度、設置場所(トイレの広さ・1階or2階)、予算」によって評価が変わる訳ですね。

ですが現実問題として、自分と同じ人間は存在しないので、あらゆるトイレ(便器)の評判や口コミは参考材料の一要素でしか使えません。つまり評判が良いトイレ(便器)を選んだとしても、

永山
永山
お客さんによって満足度は違うよ

ということ。

なので、このブログには商品の口コミを掲載してますが、トイレ(便器)を選ぶときは他人の口コミを鵜呑みにせず「自分自身の基準(価値観や利便性)」で良い悪いを判断してください。

具体的には、

  1. トイレ(便器)を選ぶ基準を明確にする
  2. 複数のメーカー、トイレ(便器)を比較する
  3. 消去法で自分に合ったトイレ(便器)を選ぶ

といった感じですね。(リフォーム業者の選び方は、また後でお話しします)

では早速、「フロートトイレを選ぶべきか」という疑問について。
僕個人の意見は、

永山
永山
収納量もできるし、何より掃除が楽になる

ので「掃除の手間を減らしたい人」には最有力の一つだと断言できます。

逆にいうと「とりあえず安くして!」という予算最優先の人には不向きかと。その理由も含めて、まずはフロートトイレの全体像から順番にお話しします。

スポンサードリンク

フロートトイレの全体像

フロートトイレ評判口コミ
(引用:LIXIL)

フロートトイレの全体像として、以下の2つを解説します。

  1. フロートトイレの特徴
  2. インターネットの口コミ

1.フロートトイレの特徴

リフォレはLIXILの壁掛けトイレとして発売されました。ベースカラーが2種類(グレーアッシュ、ホワイトアッシュ)あり、好みのテイストに合わせて選ぶことができます。

共通した機能として、LIXIL特許の汚れにくい「アクアセラミック」、少ない水で汚れを落とす「パワーストリーム洗浄」に事前に汚れをつきにくくする「鉢内スプレー」。掃除がしやすい「汚れカット形状」「キレイ便座」「キレイノズル」、便座が持ち上がる「お掃除リフトアップ」と、機能性が多いのが特徴です。

そして、背面のキャビネットは収納が増える以外にも「露出した配管を隠せるメリット」もあるので、

永山
永山
床下も掃除しやすいし、フロートタイプが理想だよね

と感じる人も多数います。

ですがフロートトイレは機能性が高い分、値段もそれなりにします。
オプションを加えると定価も上がっていくので、割引率も重要になってきます。
なので「少しでも安くしたい!」という人は、業者選びにも注意してください。

【参考】トイレの値引き率は?【各メーカーを比較しました】

2.フロートトイレの口コミ

「利用者の口コミほど頼りになる情報はない」という意見もあるので、ネットにある口コミを掲載しよう・・と思ったのですが、まだ最新の便器なので、ネット上には口コミがありませんでした。

なのでTOTOのフロートタイプ「レストパルF」の口コミを掲載しておきます。
そもそもフロートタイプにすべきか」という部分で参考になるかと思います。

※引用元は、以下のサイトです。
(住宅設備のトリセツ)http://housingfacilities.hatenablog.com/entry/toto_restpal

長く使ってきたトイレがとうとう壊れてしまったため、直すのもなんだなと思いリフォームを決意しました。

少しコストがかさんでも良いトイレにしたいと思い、TOTO レストパルFが候補に挙がりました。

デザインもとてもよく、期待できそうなのでレストパルFに決めました。このトイレに感じた印象は、すごく特徴的なトイレという事です。

手洗いが便器と別でついているためとても使いやすいです。石鹸でしっかり手を洗えるため今までより清潔感があるというのがまず大きな特徴です。

主人がとてもこだわりこのトイレに決まりました。見た目もかっこよく、お掃除も大変しやすいので気に入っております。

自分で開閉する機能や、勝手に消臭までしてくれるなんてすごすぎます。座った時に、しっかりとお尻に馴染んで、軋みもなくどっしり感のあるトイレです。

私としてはお掃除が楽なだけですごくありがたいのですが、主人は次なるアップグレードを考えているそうです。これ以上は必要ないと思うんですけどね。

リフォームすることが決まり検討していたところこのレストパルFのデザインが気に入りました。

機能も申し分なく、工務店にメーカーとの交渉をお願いいたしましたが、見積もり概算が34万円と予算を上回る金額でした。

デザインがとても優れているので何とか購入したかったのですが・・・。今回は諦めてしまいました。

他社のトイレを購入し使用していますが、TOTOのネームバリューには及びません。TOTOさんにはもう少し値引きの検討をしてほしいなと思いました。

ネットを検索した限り、事実として良い口コミばかりでした。

一個一個の口コミを吟味してもあまり意味がないので、共通点だけいうとトイレを選ぶ基準が明確な人」は商品選びが上手くいっている、というのが僕の意見です。

選ぶ基準が曖昧な人ほど、値引き額に流されて「安かろう悪かろう」の商品を選びがち。

なので口コミに左右されず、実際に業者に相談しつつ、自分の基準(価値観)で商品を選定する意識が重要になってきます。

まとめ

最後にまとめると「商品単体で良い悪いは判断できない」という前提を踏まえた上で、

  • フロートトイレはLIXILの壁掛け式トイレとして発売
  • 2種類のカラーテイストから選べる
  • LIXIL特許の汚れにくい「アクアセラミック」
  • 事前に汚れをつきにくくする「鉢内スプレー」
  • 掃除がしやすい「汚れカット形状」「きれい便座」「キレイノズル」
  • 便座が持ち上がる「お掃除リフトアップ」
  • 収納が増える以外にも「露出した配管を隠せるメリット」もある

という特徴は「キャビネット式トイレを探してる人」と相性が良いです。なので「とりあえず安くしたい!」という予算最優先の人でなければ、リフォレはお薦めの商品です。

あとはショールームで実物に触れて、実際に体感した印象から自分の基準でトイレを選ぶのが大切です。

10000回以上読まれてる記事です

安くリフォームする方法とは?

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。この前提を間違っている人が意外と多いです。

リフォーム業歴12年でわかった、見積もり金額を30%OFFにする方法

リフォームで失敗するパターンとは?

「家が綺麗になって快適、リフォームして良かった!」という声はよく耳にしますが、リフォームで失敗した理由を分析した、という記事が少なかったので書いてみました。

リフォームで失敗するパターンとは?800件以上の工事を経験した結果


このページの先頭へ