フレッシュハウスの評判、口コミは?

会社の評判とは?
  • 神奈川県で店舗拡大し業績を伸ばしてる
  • 過去にはTVチャンピオンで優勝している

SOMPOホールディングスグループが運営してるのが、フレッシュハウスです。
では、フレッシュハウスの評判はどうでしょうか。

実はリフォーム会社の評判をインターネットで調べるのはお薦めしません。
というのも、ネットに100%信頼できる情報がないからです。

ましてや、リフォームは同じ会社でも実際に工事をする職人、担当者が違います。
なので良い情報であれ、悪い情報であれ鵜呑みにするのは危険です。

口コミを調べるよりか、会社の特徴を分析するほうが賢いですよ。
もっというと、担当者との相性が合うかが一番重要です。

【参考】 リフォーム業者の評判や口コミを調べても意味がない理由

スポンサードリンク

フレッシュハウスの特徴とは

では、リフォーム会社を選ぶにはどうしたらよいか。
結論は、あなたの希望工事を得意とした会社に依頼する、ということです。
当たり前の話なんですが、間違った情報に流されて良く知らない会社にお願いしてまった、というのはよくある話です。

なので、フレッシュハウスの特徴を知ったうえで、依頼すべきか判断しましょう。
フレッシュハウスの特徴は、3点あります。

大手企業ならではの住宅診断

住宅診断のサービスは、基本的にどの工務店でもしてくれます。
ですが、その診断のレベルは良し悪しです。
精度の低い診断は、間違ったリフォームに繋がります。
なので、大手に診断してもらう、というのは一つの安心要素です。

もちろん、盲目的に大手企業なら安心というのは違いますが。
実際上場してる企業のグループ会社は、適当な診断なんてできません。
(色んな飲食店でバイトの不祥事が拡散されてますよね)

建築関係者でなければ、正直いって診断の良し悪しなんてわかりません。
なら、変な診断はしないだろう大手企業に任せるのは一つの策です。

フレッシュハウスでは、屋根裏は床下と不安要素の多い箇所の診断ができます。
築年数が古くて、構造が心配という人にはお薦めです。

仮住まいの支援がある

打ち合わせを進めて、引越しが必要らしい、と後でわかるケースは多いです。
住みながらでも工事できますよ、という会社は多いですからね。
でも、業者の立場からすれば、空き家で工事するのが当然ラクです。

なので、大規模な工事なら仮住まいに引っ越しというのは、ごく自然な流れです。
では、仮住まいの段取りはどうすれば良いのか。
基本的には、お客さんが直接不動産屋とやり取りするのが一般的です。
短期の賃貸契約を交わして、引っ越し業者とも打ち合わせをするわけです。

もちろん、いつ引越しして、いつ家に戻ってこれるのか。
というのはリフォーム業者と打ち合わせをします。
不動産屋、引っ越し業者、リフォーム業者と打ち合わせは結構な手間です。

フレッシュハウスでは、そんな面倒な段取りもお願いができます。
リフォームの打ち合わせだけでも、相当な時間がかかります。
なので、仮住まいのことまで段取りしたくない、という人には良いですね。

ホームプロで表彰される実績がある

ホームプロは、日本最大規模のリフォーム会社紹介サイトです。
利用者数も多く、特に大規模工事に強い紹介サイトですね。
独自の工事保証があるので、リスクヘッジとして利用する人が多いです。

【参考】ホームプロの評判は?大型工事以外はお薦めしない

実績の多い工務店が加盟する中で、フレッシュハウスは工事件数の実績も上位です。
工事件数が多いと、会社にリフォームの情報が膨大に蓄積されています。

施工事例をみるとわかりますが、色んなテイストでリノベーションをしています。
家を綺麗にしたいけど、どんなデザインにすれば良いかわからない、
経験の多い会社に依頼したい、という人にはお薦めです。

デザイン性が高い、というのも中小の工務店に比べると強みですね。

フレッシュハウスがおすすめの人、おすすめしない人

フレッシュハウスの特徴をまとめると、

  • 大手企業ならではの住宅診断
  • 仮住まいの支援がある
  • ホームプロで表彰される実績がある

という感じです。

なので、大規模の工事を考えている、安心して工事を任せたい人はおすすめです。
逆にいうと、それ以外の小規模工事であれば違う会社も検討するのが良いですね。
他にも、見積もりをしたけど担当者と合わない、という場合も同じです。

リフォームは、会社の特徴よりも担当者との相性が大事です。
担当者と合わない、というのは価値観が合わないのと一緒ですからね。
価値観が合わないリフォームは、工事後に後悔しますよ。

なので、複数相見積もりをして、一番しっくりくる会社に依頼しましょう。
住宅リフォーム推進協議会も推奨するぐらい、リフォームでは相見積もりが常識です。
色んな提案も聞けるし、予算を抑えることにも繋がりますよ。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

【参考】予算を抑える、安くリフォームする3つの方法

スポンサードリンク

このページの先頭へ