門扉を交換、費用はどれくらい?

門扉を交換、費用はどれくらい?

こんにちは、永山です。
リフォーム業歴は12年で、これまで800件以上の現場を経験してきました。

これからお話しするのは、

  • 門扉の古くて、鉄がサビてきた
  • 丁番が壊れて、開け閉めができない

といった「門扉交換の費用」についてです。
鉄製の場合は「サビ → 破損」で交換する人が多いですね。

まず前提として、工務店よって見積もり金額は違うのだけ覚えておいてください。
商品の仕入れ値や人件費、会社の利益率も変わるので当然といえば当然です。

ですが僕自身リフォーム経営、営業経験の中で商社やメーカー、業界内の知り合いも多いので、ここでの話は実際それほど誤差はないと思います。

では結論をいうと、門扉交換は8万円~18万円ぐらいかかります。
もちろん、商品グレードや工事方法でも金額は変わってきますけどね。

それでは、具体的にお話ししていきます。

門扉交換の工事内容

Before

門扉交換前

これは、アルミ製の門扉です。
あまりデザインが好きじゃない、ということで交換します。

After

門扉,LIXILジオーナ門扉B3型

新しくLIXILのジオーナ門扉B3型を取付しました。

ベースの色にシャイングレーを使い、カーポートやカーゲートと色を合わせてます。
茶色は、玄関ドアと合わせることで家全体のテイストが統一できてます。

門扉,LIXILジオーナ門扉TA型

こちらは、LIXILのジオーナ門扉TA型を取付しました。

アイボリー色のナチュラル感がある門扉です。
家全体との統一性は低いですが、好きな門扉を持ってくるのも良いですね。

門扉,LIXILアイアンティーク門扉SB型

最後は、LIXILのアイアンティーク門扉SB型です。

名前の通り、アンティーク風な門扉ですね。
ポストや表札をアンティーク風に統一すると、とても相性が良いですよ。

門扉の種類は結構あるので、好みに合わせて選びましょう。

門扉交換の工事方法

柱仕様と埋込仕様

門扉交換の方法

少しだけ工事方法の説明をしますね。
上のイラストのように、工事方法は2種類あります。

  • 柱仕様:柱を地面に埋め込んで、扉がついている
  • 埋込仕様:ブロック塀に丁番金具を埋め込んで、扉がついている

リフォームの場合は、柱仕様で取り付けする場合が多いです。
なぜなら、工事がやりやすいので費用を抑えれるからですね。

ちなみに、上の施工例も柱仕様になってます。
ブロック塀の後ろに柱があるので、間口を広く使えますよ。

門扉交換の工事期間

  1. 門扉撤去
  2. 土間はつり
  3. 柱取付&モルタル埋戻し
  4. 門扉取付

元が柱仕様か埋込仕様かで、少し工事の流れが違います。
まぁ基本は、「門扉撤去 → 柱を埋めて、扉をつける」だけです。

工事期間は、1日あれば完成します。

門扉交換、見積もり費用

門扉交換、見積もりはこんな感じです。

項目 詳細 金額
商品代 LIXIL ジオーワ門扉SA型 120,000円
外構工事 門扉交換 25,000円
廃材処分費 廃材処分、廃材運搬 5,000円
諸経費 交通費、駐車場代 5,000円

これを合計すると、15万5千円です。
商品グレードが低ければ、10万円以下でもできますよ。

永山
永山
安くしたいなら「依頼する業者選び」が一番重要です

まとめ

最後にまとめると、

  • 門扉交換の費用は、8万円~18万円ぐらい
  • 工事期間は、1日で完成
  • 商品グレードによって、費用はピンキリ

という感じです。

門扉はセキュリティとデザインが大事です。
門扉は家の顔、デザインで家全体の印象が決まるのを覚えときましょう。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ

【期間限定】電子書籍プレゼントキャンペーン!
ご案内はコチラ
【期間限定】電子書籍プレゼントキャンペーン!
ご案内はコチラ