喜多ハウジングの評判、口コミ。リフォーム業歴12年の意見

こんにちは、永山です。
僕はこれまでリフォーム業歴12年で、800件以上の現場を経験してきました。
なので業者視点もいれつつ、喜多ハウジングの率直な意見をお話ししていきます。

まず、この記事を読んでるということは、

「喜多ハウジングって実際どうなの?安心して依頼できるの?」

という疑問があると思います。ネットで検索すると他のリフォーム会社だと苦情やトラブルといった悪い口コミもありますしね。

まず大前提として会社を良い悪いの二択では評価できないという事実があります。すべては関係性でのみ物事を評価できる。「Aさんにとって良くても、Bさんには微妙・・」というのはよくある話です。

例えば、お祝い事でいく地元の焼肉店があるとします。完全個室でドリンクなしでも1人前だと1万円ぐらいの値段。庶民にとっては高級店ですが、ミシュラン5つ星を普段から食べ歩くようなセレブには普通の飲食店といえます。

リフォームも同じで「会社とお客さん、担当者が誰で、職人は誰がくるか、工事内容、家の状況はどうなのか」という関係性が明確ではじめて評価ができる訳ですね。

ですが現実問題として、リフォームは同じ条件で2度と工事することはないので、あらゆる会社の評判や口コミは参考材料の一要素でしか使えません。

なのでリフォームするときは、自分自身の基準(価値観)で良い悪いを判断する必要があります。具体的には「業者を選ぶ基準を明確にして、複数の業者に相談し、消去法で自分に合った会社を選ぶ」というアクションです。

では「喜多ハウジングに見積もり相談すべきか」という疑問について。
僕個人の意見は、北陸近郊(石川県・福井県・富山県)に住んでて、大規模リフォームを検討しているなら、

永山
永山
見積もり依頼すべき最有力候補

といえます。

その理由も含めて、まずは喜多ハウジングの全体像から順番にお話しします。

喜多ハウジングの全体像

喜多ハウジングの全体像として、以下の2つを解説します。

  1. 喜多ハウジングの特徴
  2. 喜多ハウジングの口コミ

1.喜多ハウジングの特徴

喜多ハウジングは北陸三県の中でも、施工実績が多い会社です。デザインリフォームコンクールでも例年受賞しています。住まいのリフォームコンクール・TDYリモデルスマイル作品コンテストと知名度の高いコンテストばかり。工事の質だけでなく、デザイン性が高いリフォームでも有名。キタデザインチームという女性中心の提案は他社にはない魅力です。店舗は本社金沢店、東金沢店、能登店、富山高岡店、福井店、小松店と6店舗あります。(2020年10月時点)

・・と少しダラダラ書きましたが、
特徴に関しては「喜多ハウジングの公式サイトに丁寧に書いてあるよ!」って感じなので、僕自身が大事だと思う点を2つピックアップしました。

自社施工によるセルロースファイバー断熱材

地味ですが、僕は断熱材に力を入れてるのに好感が持てます。

現実として断熱材を気にしてるお客さんは、顧客全体の中でも少数です。多くのお客さんは商品の割引率や見積もり金額、デザインといった見た目重視。

なのでリフォーム会社の多くは、断熱材に力を入れてないのが事実で、安いグラスウールを使うのが一般的です。その結果「寒っ!」とか「結露がすごい・・」と工事した後に後悔するケースもあります。

喜多ハウジングが標準で工事する「セルロースファイバー」は壁の中に隙間なく天然の木質繊維を重鎮します。見た目から「壁の中が断熱材でパンパン!」という感じで「これなら安心やね」と言わざるを得ないですね。省エネ先進国のドイツでも評価が高い断熱材なので非常にお薦めです。

3つの診断を基盤として「耐震リフォーム」

全面リフォームするなら「耐震」は最低限力を入れるべき内容です。

まず前提として「家は建てられた年数で建築基準法が違う」ので耐震強度もバラバラ。なので建築年数や家の構造を把握したうえで、状況に合わせて提案が必要です。

具体的には、

  • 性能診断:床下を点検したり、実際の老朽具合いを確認する
  • 長期荷重診断:家全体を俯瞰して、壁や柱のバランスを診断する
  • 耐震診断:短期荷重に対して、どこまで耐えれるかの限界耐力計算をする

実際の家を目視、長期荷重、短期荷重と3つの視点で診断してくれます。
手法、診断方法を分散させることで、欠点の少ない耐震提案ができます。

耐震リフォームで重要なのは「現状を知る」こと。酷いリフォーム会社の場合だと、耐震診断やシュミレーションもせず「梁と筋交いを補強します!」みたいな職人の感覚だけで提案する業者もいます。

なので真剣に家のことを考えるなら、喜多ハウジングのように事前の診断を重視する会社に依頼するメリットは大きいです。目に見えない部分だからこそ、名の知れない業者でなく地元で実績を積み重ねてる会社に身を委ねるのも一つの選択だと思います。

2.喜多ハウジングの口コミ

「利用者の口コミほど頼りになる情報はない」という意見もあるので、ネットにある口コミを検索してみました。結果だけをいうと、公式サイト以外では口コミはなかったです。

喜多ハウジングの口コミ

e戸建て、マンションコミュニティ、yahoo知恵袋、2ちゃんねるで見ましたが、喜多ハウジングに関する投稿はなかったですね。

ここで僕自身の口コミに対する考え方だけお話ししておきます。色んなリフォーム会社の口コミをみて思いますが、結局は「会社とお客さんの関係性」で良い悪いが決まる。もっというと会社よりも「担当者とお客さんの関係性でリフォームの満足度は大きく変わる」というのが僕の意見です。

これは、完成された形ある商品を売るのと違う、リフォームならではの事情。一般的にどのリフォーム業者でも同じことが言えると思います。

なので口コミに左右されず、実際に業者に相談しつつ、自分の基準(価値観)で業者を選定する意識が重要になってきます。

まとめ

最後にまとめると「会社単体で良い悪いは判断できない」という前提を踏まえた上で、

  • 自社施工によるセルロースファイバー断熱材
  • 3つの診断を基盤として「耐震リフォーム」

という特徴は全面リフォームと相性が良いです。なので、北陸近郊に住んでいて、規模の大きい工事を検討してるなら、喜多ハウジングは見積もり相談する業者としてお薦めです。

あとは担当者と直接話をして、実際に体感した情報から自分の基準で業者を選ぶのが大切です。

10000回以上読まれてる記事です

安くリフォームする方法とは?

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。この前提を間違っている人が意外と多いです。

予算を抑える、安くリフォームする3つの方法

リフォームで失敗するパターンとは?

「家が綺麗になって快適、リフォームして良かった!」という声はよく耳にしますが、リフォームで失敗した理由を分析した、という記事が少なかったので書いてみました。

リフォームで失敗するパターンとは?800件以上の工事を経験した結果

このページの先頭へ