レースカーテンの種類、費用はどれくらい?

レースカーテンの種類、費用はどれくらい?

こんにちは、永山です。
リフォーム業歴は12年で、これまで800件以上の現場を経験してきました。

これからお話しするのは、

  • レースってこんなにあるの?
  • ただの白色で透けてる布じゃないの、なんでも良いよ

といった「レースカーテン」についてです。

まず前提として、工務店よって見積もり金額は違うのだけ覚えておいてください。
商品の仕入れ値や人件費、会社の利益率も変わるので当然といえば当然です。

ですが僕自身リフォーム経営、営業経験の中で商社やメーカー、業界内の知り合いも多いので、ここでの話は実際それほど誤差はないと思います。

それでは、具体的にお話しをしていきます。

レースカーテンの目的

レースカーテンを使うと、こんな生活に変わります。

  • 部屋に太陽の光が入るけど、他人に部屋をのぞかれない
  • 冷暖房の効きがよくなって、地味に光熱費の節約ができる
  • フローリングや家具の色褪せがしにくくなる
  • 万が一、家事が起きても延焼しにくいので安心
  • レースカーテンで部屋がオシャレになった

レースカーテンの特徴から逆算すると、こんな感じです。
この中で「どんな生活をしたいか」を考えてから、その生活を満たす商品を選びます。
極論、太陽の光が嫌いな人は、ドレープを閉めきってれば良いんです。
(レースは使わない、って人はたまにいるんですよね)

逆に、外からのぞかれない部屋だとドレープなしの人は多いですよ。

レースカーテンの機能

レースカーテンをつける目的はまとまりましたか?
それでは、次に機能面を並べていきます。

  • 遮熱レース → 窓からの熱、冷気の侵入を減らす
  • プライバシーレース → 外から中が見えにくい
  • UVカットレース → 太陽からの紫外線侵入を減らす
  • 防炎レース → 燃えにくい素材なので延焼しにくい

あなたの目的に合わせて、必要な機能があるレースを選びます。
あとは見た目、デザインの問題ですね。

レースカーテンのスタイル

シームレス

シームレスカーテン

オシャレなレースカーテンといえば、「継ぎ目のないシームレス」。
優雅な雰囲気を出してくれるので、高級感も感じやすいです。
こんな感じで、窓上ではなく天井から吊るのもアリですよね。

センタークロス

センタークロス

見た目を大きく左右するのが、カーテンの形です。
カーテンのセンター部分をくっつけてフワッとしたカーブをつくります。
優雅な雰囲気の「センタークロス」は、高級感をつくってくれます。

さらにセンター部分を大きく交差させるのが「クロスオーバー」。
クロスオーバーは開け閉めできないので、使う箇所は限られます。

フリル、フリンジ付き

センタークロス,フリル付き

センタークロスに「フリル、フリンジ」をつけるとより高級感が。
フリル、フリンジは好みが分かれますが、間違いなく空間の質は上がります。

  • フリル → 腰窓レースの下部分がフリフリしてます
  • フリンジ → 掃き出し窓レースの上に装飾をつけてます

シェード

シェード

でました、個人的にお薦めなのが「シェード」です。
上下に開け閉めできるレースで、窓廻りがスッキリします。
日差しの調整もしやすいので、機能的にも使いやすいですね。

オシャレは、突き詰めると他人との違いから生まれます。
普通の家ではあまり見ないからこそ、「オシャレですね~」と言われます。
でも間違った方向にいくと、「個性的ですね~(ダサい)」となります。

とはいえ、シェードを使っていてダサいとはならないですからね。
簡単にオシャレにするなら、シェードを検討するのも良いですよ。

レースカーテンの費用

ホームセンター品 大手メーカー品
腰窓(中) 2,000円~4,000円 5,000円~20,000円
掃き出し窓(大) 3,000円~8,000円 10,000円~50,000円

レースカーテンの費用は、こんな感じです。
かなりざっくりと分けましたが、大枠のイメージはつかめるかと思います。
やっぱり、大手メーカーの商品は値段が高いです。

ブランドとしての価値もありますが、単純にデザインが豊富です。
ホームセンターで気に入った物がなければ、メーカーで探す」のがお薦めです。

永山
永山
安くしたいなら「依頼する業者選び」が一番重要です

まとめ

最後にまとめると、

  • レースカーテンは目的から逆算して選ぶ
  • 予算重視なら、ホームセンター品が安い
  • デザイン重視なら、メーカー品だと種類が多いのでお薦め

という感じです。

単純に機能面だけ考えると、ホームセンター品でも十分なんですけどね。
面積が広い分、オシャレな部屋にするならカーテン選びは重要です。
ドレープカーテンとの組み合わせを考えて選びましょう。

ちなみに、見積もりして「はい、お願いします」ではダメで、
こっちの予算に合わせてもらう工夫が必要なんですよ。
この前提を間違っている人が意外と多いです。

予算を抑える、安くリフォームする3つの方法




このページの先頭へ